建物老朽化による事故発生時の家主の責任について。補強などの工事は家賃との採算が合わず…|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 建物老朽化による事故発生時の家主の責任について。補強などの工事は家賃との採算が合わず…

建物老朽化による事故発生時の家主の責任について。補強などの工事は家賃との採算が合わず…

解決済み 回答数:1件
  • 質問者:きゅうりさん
  • 相談日時:2011/04/27(地域:岡山県)
line
気になった! 538
転勤先で36年前に戸建を購入。

転勤により30年前から賃貸で知人に使って貰う。

家賃は当時で相場の半分強の3万5千円で、30年間変えていない。

古くなったので、万が一の震災や老朽による事故を心配しているが、借主は継続を希望しており、補強などの工事は家賃との採算が合わないため、手を入れる予定はありません。事故など発生の際の家主である私の責任は問われるのでしょうか。

またこの様な場合もし私に責があるとすれば、これに対する保険はあるのでしょうか。
こちらの内容は、2011/04/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2011/04/27

先日の震災で世の中の地震へ対する意識は高まっております。
入居者に対しては、新耐震基準以前の建物であり倒壊の危険性があることを確認してもらうべきでしょう(できれば署名捺印をもらう)。 続きを読む

こちらの内容は、2011/04/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
ベストアンサー以外の回答

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP