退去時にフローリングや柱の傷は借主貸主どちらが負担する?部分補修や全面張替えした場合の費用負担について|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>退去・敷金トラブル>
退去時にフローリングや柱の傷は借主貸主どちらが負担する?部分補修や全面張替えした場合の費用負担について

退去時にフローリングや柱の傷は借主貸主どちらが負担する?部分補修や全面張替えした場合の費用負担について

解決済み 回答数:1件
  • 質問者:ああさん
  • 相談日時:2018/08/17(地域:東京都)
line
気になった! 657
退去時、フローリングや柱の傷はどちらの負担でしょうか?
10年程住居して、フローリングに椅子を置いて使用していたところ車輪の部分が擦れて変色?しています。
部分補修や全面張替えした場合の費用負担はどのようになるでしょうか?

また柱のキズはどのようになりますか?
父から受け継いだ物件で(築38年)柱はとんでもなく傷ついています。
それらはどのように補修すればよいでしょうか?
また、仮に柱をきれいに補修したとして、柱の傷はどのように現状回復するのでしょうか?
通常は傷を付けたら借主負担でしょうか?
こちらの内容は、2018/08/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/08/17

フローリングの場合は、キズがついても最小限の範囲の張替えのみ賃借人(入居者)の負担です。全部貼りかえる場合は、その割合に応じて賃貸人が負担する必要があります。
柱の場合は、使用や躯体に影…

続きを読む
こちらの内容は、2018/08/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
ベストアンサー以外の回答

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談

PAGE TOP