下宿を営んでいた物件を相続予定。高額修理と解体費を月々の家賃から積み立てようと…|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>
>相続・税金>
下宿を営んでいた物件を相続予定。高額修理と解体費を月々の家賃から積み立てようと…

下宿を営んでいた物件を相続予定。高額修理と解体費を月々の家賃から積み立てようと…

解決済み 回答数:2件
  • 質問者:pbranemasaeさん
  • 相談日時:2018/03/07(地域:京都府)
line
気になった! 578
長年下宿を営んでいた叔母が亡くなり、現在その相続手続き中です。
建物は築60年と古く、母家と別棟の2棟で7部屋の間貸しです。土地は借地です。現在は下宿人は4人しかいません。赤字だったと思います。
しかも叔母が亡くなる直前に母屋の屋根の根本修理が必要で、それに400万~500万円程かかると判明しました。亡くなってしまった今となっては、遺産相続分から、そのくらいは出せそうですが、別棟の屋根もいつ高額な修理が必要となるかわかりません。また、維持していけないような場合は、更地にして土地を返却しなければならず、それにも大きな費用がかかると思います。
前置きが長くなりましたが、将来見込まれる高額修理と最終的な建物解体費用のため、下宿を相続するとしたら、月々の家賃から積立をしていこうと考えているのですが、このような積立金は、「経費」として計上する事は出来るのでしょうか。
よろしくお願いします。
こちらの内容は、2018/03/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/03/07

積み立てれば利益として計上するしかありません。

利益としなくないのならば、融資を受けて工事をして損益として計上してから、毎月支払うことです。

続きを読む
【お礼】
お忙しい中、ご回答ありがとうございました。やはり、将来の修理のために、積み立てる分も利益と見なされ課税対象となるのですね。融資を受けて工事してしまい、その時点で工事費を計上し、その後月々返済すれば融資の利息の部分は経費に計上できるわけですね。その辺、もうちょっと勉強してみます。
pbranemasae
こちらの内容は、2018/03/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2018/03/08

残念ながら、経費とする計上は難しいと思います。
計画を立てて実際に工事されてはいかがでしょうか。
なお、大規模改修の際は、地主に承諾を得なければならない場合もありますのでお気を付けください。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
【お礼】
お忙しい中、ご回答ありがとうございます。地主さんには、相続の旨を伝える必要もあるでしょうし、その際、屋根修理の件も事前に話す事にいたします。
pbranemasae
こちらの内容は、2018/03/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

相続・税金に関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]

【関連】あわせて読みたい記事!
[特集]
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
相続 税金 関連記事

PAGE TOP