第一種中高層住居地域になった倉庫工場地域。一度「空き」になると倉庫の用途では使えないといわれ…|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 第一種中高層住居地域になった倉庫工場地域。一度「空き」になると倉庫の用途では使えないといわれ…

第一種中高層住居地域になった倉庫工場地域。一度「空き」になると倉庫の用途では使えないといわれ…

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:ニュー卵さん
  • 相談日時:2015/06/10(地域:兵庫県)
line
気になった! 181
はじめまして。

20年くらい前から、倉庫工場を貸し出ししています。

10年以上前から『第一種中高層住居地域』になっており、

『用途地域における既存不適格』の倉庫になっています。

一度、『空き』になると、再度貸し出す場合、

『第一種中高層住居地域』の観点から工場、

倉庫として使っては行けないと市役所の人に言われました。

40年前から工場倉庫の用途で使っていたので

困惑しています。

所有者の変更は無く、空きになってからも、

火災保険等は切らさず払っています。

知人の一級建築士の観点では

今までの用途から変更しない限り、

工場倉庫として使っても問題ないとも聞きました。

工場倉庫として再度、借りてもらう事は可能でしょうか?

お手数ですがお教えください。
こちらの内容は、2015/06/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
サラリーマン専門イットウモン@タカエージェント株式会社
回答日時:2015/06/12

サラリーマン大家さんサポートのイットウモンと申します。
回答させて頂きます。

用途地域変更による既存不適格ですね。
その場合は、一般的には、人…

続きを読む
こちらの内容は、2015/06/12時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2015/06/11

一級建築士の話の方が分があるように思います。ただ、住居地域となったメリットもあるでしょうから、周辺環境等を考慮しベストの選択をなさった方が良いと思います。

こちらの内容は、2015/06/11時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
建築・設計会社
有限会社ツルサキ設計
回答日時:2015/06/17

法律は申請主義です。
申請し、確認とか、許可などをもらい実行できと考えます。
質問では、申請されたものは倉庫ですから倉庫のままであれば
使用できるというものです。
つまり法律は変われど、当時申請されたものが有効となる訳です。
従って既存不適格になりますが、既存不適格はあくまで今の法律に
合わないと言っているだけで違反ではありません。
問題は、当時に還り、建築確認申請及び完了検査をし、検査済証が
発行されているかです。役所ではおそらくそれが無いと認めないと
思います。所謂 当時合法でなと既存不適格に相当しませんので
ご注意を
回答ですが、借主など人を規制するものでは無く建築の用途規制ですので
借主が変わっても用途変更をしない限り、問題はないかと思います。
但し、倉庫でも倉庫業を営む倉庫と自家用倉庫がありますので
注意をしてください。また、作業をしていると認定されると
機械を使用しなくても作業所となりますので合わせて注意が必要です。

こちらの内容は、2015/06/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

建物管理・不動産管理に関する記事を探す

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP