居抜き物件の場合、費用や営業補償は借主が持つべきではないですか?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 居抜き物件の場合、費用や営業補償は借主が持つべきではないですか?

居抜き物件の場合、費用や営業補償は借主が持つべきではないですか?

解決済み 回答数:1件
  • 質問者:くみこさん
  • 相談日時:2020/10/27(地域:静岡県)
line
気になった! 650
テナント契約居ぬきでスナックに貸したところ、配管が詰まったとのこと。
居抜き物件の場合、費用や営業補償は借主が持つべきではないですか?

教えてください
こちらの内容は、2020/10/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2020/10/27

修繕義務は、契約内容と何処が詰まったかと詰まった理由によります。

居抜き物件の造作所有権が借主にあり、その部分が詰まったのなら修繕は借主が行うべきものです。また詰まった理…

続きを読む
【お礼】
ご親切にありがとうございます。基本的な考え方が分かりました。テナントの居抜きの場合の造作所有権の考え方をさらに調べてみます。分かりやすくてとても助かりました。実は相談が途中でした。その「つまり」によって、水漏れし階下の別のテナントに漏水してしまったのです。営業補償はそのテナントの営業補償と、配水管のトラブルを抱えたテナントの営業補償を要求されています。さらに、管理会社は、大家の責任との見解を出してきています。もし、お時間がありましたら、アドバイスをいただければと思います。本当にありがとうございました。
くみこ
こちらの内容は、2020/10/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
ベストアンサー以外の回答

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

PAGE TOP