更新契約時に「ペット飼育をやめないと更新しない」旨の特約に基づいて契約終了できる?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>
>賃貸契約・更新>
更新契約時に「ペット飼育をやめないと更新しない」旨の特約に基づいて契約終了できる?

更新契約時に「ペット飼育をやめないと更新しない」旨の特約に基づいて契約終了できる?

解決済み 回答数:2件
  • 質問者:mher611さん
  • 相談日時:2018/03/02(地域:東京都)
line
気になった! 584
現在賃貸中のアパートがあり、契約で犬猫等のペット飼育を禁止しているのですが、
再三注意をしてもペットを飼うことをやめない入居者がいて、
前回の更新契約時に「ペット飼育をやめなければ次回の契約更新はしない」と特約を付け、入居者も同意して更新契約を行いました。

しかし、未だペット飼育をやめず、また更新の時期が近づいて来ました。

前回の更新時に特約として入れた「更新しない」旨の特約にもとづいて
契約終了とすることは可能でしょうか?
こちらの内容は、2018/03/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
赤坂見附法律事務所 弁護士 水田匡之
回答日時:2018/03/02

更新しない旨の特約に基づく終了とすると、特約の存否、有効性について争いとなったり、更新拒絶についての法律上の制約があったりします。それよりも契約違反を理由に、更新時期とは関係なく契約を解除する方が、シ…

続きを読む
【お礼】
回答頂きましてありがとうございました。

更新拒絶ではなく契約解除の方向で進めてみます。

現場の写真は撮っていないのですが、
訪問した際に猫が室内を走り回っていたのと、
鳴き声は確認しています。

どうもありがとうございました。
mher611
こちらの内容は、2018/03/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/03/02

ペットを飼っている人はいないことが前提でアパートを貸し出しをしている場合は、契約を破ってペットを飼っている人がいると、他の入居者への迷惑になったり、新たな入居者希望者が敬遠して入居に至らない事などもあり、また室内を通常よりも多く損傷させる恐れがあるので、他の契約違反とは異なり、違反をしたことで契約の解除が認められています。
しかし、どのような場合でも契約の解除が出来ると言うわけではありません。
例えば、ペットが鳴かず、臭いもせず、部屋を傷つけることが無いモノの場合、ペットを飼育することで他者に与える影響が無いので契約の解除まで認められないこともあります。

そもそも、ペットに飼育を禁止した契約が初めにあるわけですから、更新をしないのではなく、契約の解除です。放置すれば黙認していたと言うことにもなりかねないので、すぐにでも通知して解除を求めたほうが良いかと思います。

【お礼】
回答頂きましてありがとうございました。

更新しないのではなく契約解除の方が良いみたいですね。

現場で猫が走り回っているのと、
鳴き声は確認しています。

契約解除の通知を出してみます。

ありがとうございました。
mher611
こちらの内容は、2018/03/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

賃貸契約・更新に関する記事を探す

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]

[特集]
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談

PAGE TOP