住居用なのに事務所として使用しているので契約変更して消費税も頂きたいが断られた場合は?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>賃貸契約・更新>
住居用なのに事務所として使用しているので契約変更して消費税も頂きたいが断られた場合は?

住居用なのに事務所として使用しているので契約変更して消費税も頂きたいが断られた場合は?

解決済み 回答数:2件
  • 質問者:KISHIさん
  • 相談日時:2019/10/09(地域:東京都)
line
気になった! 583
アパートのオーナーになりました。


現在契約している方が住居で契約していますが、事務所単独で使用しています。


事務所使用可については契約書には記載ありませんが前オーナーが口頭で了承していました。


実際の使用状態に合わせて事務所契約に変更して消費税分も頂きたいと申し出しましたが断られてしまいました。


法律的には前の契約内容を引き継ぐことになるとは思いますが、合意での変更は
無理なので、何か変更する手立てはないものでしょうか。

こちらの内容は、2019/10/09時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2019/10/09

書かれている内容だけでは判断できませんので、いくつか質問があります。

まず、「前オーナーが口頭で了承していた」とのことですが、そのことをあなたは購入前もしくは購入時に前オ…

続きを読む
こちらの内容は、2019/10/09時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2019/10/10

まずは前オーナーに経緯をご確認なさってください。
そのうえで、事務所で賃貸している認識がなかったということでしたら、用途違反に該当する旨通知なさってはいかがでしょうか。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
こちらの内容は、2019/10/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
S
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

PAGE TOP