建物管理に必要な出張費用や日当は経費としてどこまで認められるの?|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>相続・税金>
建物管理に必要な出張費用や日当は経費としてどこまで認められるの?

建物管理に必要な出張費用や日当は経費としてどこまで認められるの?

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:めいさん
  • 相談日時:2016/10/27(地域:千葉県)
line
気になった! 566
個人と法人で賃貸経営をしています。個人の所有物件の管理を法人に委託しており、法人としての管理に必要な出張の旅費についての質問です。どちらも、法人の「役員」の場合です。
①移動の際の新幹線のグリーン車料金は会社の経費として認められるのでしょうか。
②出張の日当として12000円というのは適切だと言えますでしょうか。

顧問税理士の先生には、①認められない②4000円程度までしか認められないと言われていますが、同業者で実際に計上している場合も多いようなので、いろいろな意見をお伺いできればと思います。よろしくお願い致します。
こちらの内容は、2016/10/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
栄不動産株式会社
回答日時:2016/10/27

めいさん、こんにちは。
栄不動産の吉田と申します。

ご質問に回答します。
Q.建物管理に必要な出張費用や日当は経費としてどこまで認められるの?…

続きを読む
【お礼】
回答をありがとうございます。参考になりました。日当の方は4000円程度にしようと思います。
めい
こちらの内容は、2016/10/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2016/10/27

現実の話としては、グリーン車に関しては、よほどの利益を出すとか大きな会社でないと難しいようです。
出張旅費に関しては、その距離にもよります。当たり前ですが、50km以内と100kmを超える場合とでは違えないといけません。
当方で実際に規定して運用しているのは、50km以内は出張となりません。それ以降は80kmまで、130kmまで、それ以上としています。
当社では役員で80km以上130km以内の場合は13000円を支給していますが、それらは宿泊を伴わないと出張扱いにはなりません。日帰りの場合は規定が変わり、どんなに遠くに行っても1日5000円までです。

この程度ならば税務上も問題はないようです。

こちらの内容は、2016/10/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2016/10/28

恐らく顧問税理士は税法等の観点から厳格にアドバイスされたのだと思います。
やはり個人と法人の区分けがあっても、実質的には同一とみなされるケースは多いと思いますので、顧問税理士に従うことが望ましいように思います。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wixsite.com/sankyobiru
こちらの内容は、2016/10/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2016/10/30

税理士が言われていることが一般的だと思います。状況にもよりますので税務署に確認してみるのも良いでしょう。

こちらの内容は、2016/10/30時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
【関連】あわせて読みたい記事!
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?
相続 税金 関連記事

PAGE TOP