テナントのスケルトン化にあたって|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> テナントのスケルトン化にあたって

テナントのスケルトン化にあたって

解決済み 回答数:1件
  • 質問者:ももたんさん
  • 相談日時:2010/01/16(地域:兵庫県)
line
気になった! 81
平成8年にテナント契約をし、(敷金600万、敷き引き180万) その後、経済状況の変化とともに、周囲の物件と比較して、 敷金の返還を店子から要求され、少しずつ減額し、現在敷金230万、 敷き引き180万の契約となっています。 退去にあたり、原状回復(スケルトン)をすることとなり、 店子に請求することを伝えたところ、現在の相場では敷金は150万ぐらいで、 敷き引きもその半分ぐらい が周辺の相場なので、敷き引きの180万のなかから、 原状回復費を出してほしい旨、要求されています。 どのように対処すればよいでしょう。
こちらの内容は、2010/01/16時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
回答日時:2010/02/09

敷引きの算定は、本来、
実際に原状回復にかかる費用を引くことが
原則です。 見積もりを上げて、その範囲で収まるのであれば、
150万で良いのではないでし…

続きを読む
こちらの内容は、2010/02/09時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
ベストアンサー以外の回答

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

建物管理・不動産管理に関する記事を探す

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?
[特集]
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP