電気メーターを分離できず、電気料金を家賃とは別に請求。電気料金も課税対象と言われ…|専門家に無料相談できる賃貸経営Q&Aサイトはお悩み大家さん

←不動産賃貸経営博士
>
>相続・税金>
電気メーターを分離できず、電気料金を家賃とは別に請求。電気料金も課税対象と言われ…

電気メーターを分離できず、電気料金を家賃とは別に請求。電気料金も課税対象と言われ…

解決済み 回答数:1件
line
気になった! 615
現在、東中野でビルを賃貸していますが、電力会社様から「住宅用でなく事業用ビルのため2、3階のテナントの電気メーターを個別に分離する事はできない。」と伝えられ、税理士からも「電気料金は収入になるため、請求書を家賃と分けて請求しても課税対象になりますよ。」と回答されました。
請求書を電気料金と家賃を別々に発行しても家賃は収入、電気料金は、テナント様で管理して頂く事で確定申告時に家賃収入だけで申告はできませんか?
こちらの内容は、2018/04/20時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2018/04/20

税理士の説明が悪いです。
支払う電気料よりも多ければ、多い分が利益とみなされ、課税対象とはなりますが、電気料全てが課税対象となるわけではないです。

また、事…

続きを読む
こちらの内容は、2018/04/20時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
ベストアンサー以外の回答

【こんな記事も読まれています】

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[不動産・法律・相続などの専門家を紹介!]
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

PAGE TOP