催促文訂正のお詫びについて|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 >家賃滞納 滞納催促> 催促文訂正のお詫びについて

催促文訂正のお詫びについて

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:ikapenpenさん
  • 相談日時:2011/02/21(地域:神奈川県)
line
気になった! 115
至急 回答求めます。

気軽に、思ったことをご意見を下さい。宜しくお願いします。

祖母の持ちビルに家賃滞納者が多数います。
そこで祖母に頼まれ、私が家賃チェックをし、
入っていない月の賃貸料の催告状を作って投函しました。

しかし、私のミスで入っていない月をずらして請求してしまいました。(金額は正しい)

文章で催促した月は振り込みしてあると、住民から電話を頂きました。

私は、例えば1月分賃料が、12月に振り込まれなく、1月10日に振込みがあるような場合、10日遅れて12月分を振り込んだのかと勝手な解釈をし、月をずらして請求しました。

祖母に注意されました。

私のミスを謝罪文でお詫びしたいのですが、文章の詫びでも気を悪くせず、誠意は伝わるでしょうか。またあなたが住民なら、どのように謝罪されれば許せますか。

まだ学生で社会人経験がないので、今、謝罪文の書き方などをネットで調べています。

直接会っての謝罪の方が良いのであればそれも考えています。しかし私と住民は面識が無く、私はただの大家の孫なのですが、
もしあなたがマンションの住民でいきなり大家の孫が催促文の訂正を詫びに来たらどう思いますか。

(催促文は、祖母名義で投函しましたが私のミスなので)

すみませんが、回答宜しくお願いいたします。
こちらの内容は、2011/02/21時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2011/02/22

お客様は非常に誠実な方ですね。
まずは既に送ったものを訂正し再送なされば良いと思います。
その際に「前回お送りした書面に誤りがございました。お詫び申し上げます」といったよう…

続きを読む
こちらの内容は、2011/02/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
コージーライフ.
回答日時:2011/02/22

簡易的な謝罪の文章でも十分であるとおもいますが、住民の方からどのような電話があったかによって謝罪対応も考えた方が良いかもしれませんね。

ものすごく激怒していた場合は、訪問してあくまでも文章的なミスであったことを誠意を持ってお伝えする。

注意ぐらいの気持ちで電話されたのであれば、電話などで結構ですので謝意を伝える。

ただ単純に違うことを確認の意味で指摘されただけであれば、前回提出した文章にミスがあったことをお伝えする。

あくまでも、単純な文章のミスであることをお伝えするようにしましょう。
そうしないと、大家さんの家賃管理に問題があるのではないかと誤解を生むことになりかねないので。

ここに質問する文章を拝見する限り、自分の言葉で単純明快に文章のミスで気持ちを害しまして申し訳ありませんでした、と言うことをお伝えすれば問題ないと思います。

変に言葉にこだわるとかえって不信感を抱かれかねませんので。

頑張ってください。

こちらの内容は、2011/02/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
回答日時:2011/02/22

訂正箇所を訂正した物を、再度、投函して下さい。

その際、祖母の名前で再投函が良いです。

お孫さんと言えども、【第三者】ですので、
表に出ない方が良いでしょう。
いきなり第三者がお詫びに来ても、
『関係無いのに何をしているのか?』と
不信感を抱かせるだけです。
【親族である】などは契約には関係の無い話しですので、
契約に関して、【第三者】であることには変わりありません。

また、訂正のお詫びを付け加えるようにして下さい。

入居者が、訂正に関してクレームを言って来たところで、
支払っていない月があるのは事実かと思いますので、
間違いはあったとしても、支払義務を怠る事がいけない事だと、
ハッキリと申し伝えるべきです。

許す許さないというよりは、
支払うべきものを支払ってもらう事を、
最優先で考えるべきかと思います。

滞納するような人達は、
こちらの落ち度を探しては難癖つけて、
支払を免れようとしてきたりします。
今後は注意していただいた方が良いでしょう。

訂正は訂正、
家賃の支払は支払として、
しっかりと区別して対応して下さい。

責任感のあることは良い事ですが、
今回は、後始末は祖母に任せるべきです。
何とかしようと下手に出て行くと、余計にややこしくなる可能性があります。

こちらの内容は、2011/02/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP