建物を取り壊して用途変更をしたい|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 > 賃貸管理 用途変更 >建物管理 不動産管理> 建物を取り壊して用途変更をしたい
解決済み
  • twitter
  • facebook
  • line
建物を取り壊して用途変更をしたい 
相談日時:2010/11/10 建物管理 不動産管理
(Q&A No.857 地域:岩手県) 回答数:2件
76
Q.sawaさん
NO.00000601
sawa
sawaさん
疑問
回答数:2件


▼専門家の方の回答を
お願い致します。

回答する

>> このQ&Aは役に立った

関連キーワードから
質問を見る
建物 貸店舗 貸室 契約期間 修理費 店舗 取り壊し 契約更新 解約予告 明け渡す 解約 正当な事由 用途変更 修理 物件 長期間空室 空室 更新 契約 対策 質問 家主 期間 点検 変更 借主 消防法
1.状況
 ① 建物(S44年築、木造2階建て):1F貸店舗、貸室は1F1室、2F3室(現在全て空室)。実質店舗のみ使用しています。
 ② 顧客との現契約期間:平成21年10月1日から平成23年9月30日まで。
2.建物状況:
 ① 貸室が長期間空室で痛みひどく修理費多額が見込まれること。
 ② 店舗の痛みも進んでいること。
 ③ 消防法の点検が厳しいこと。
3.対策:建物を取り壊して用途変更をしたい。
4.質問
  ① 斡旋した不動屋に契約更新しないと今申し出ることはできましか。妥当でしょうか。
   契約文中の「解約予告」条項には「家主が、正当な事由によりこの契約期間内に解約を申し入れたときには、6ヶ月後にこの契約が終了し、借主は家主にこの物件を明け渡すものとする。」とあります。
  ② この「正当な事由」とはどのような場合でしょうか。
   用途変更のために取壊す事は正当な事由に該当するのでしょうか。
  

こちらの内容は、2010/11/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

お気に入りに登録
A.不動産会社
回答日時:2010/11/13

関連キーワードから
質問を見る
建物 契約更新 老朽化 短期賃貸借契約 正当事由 更新 賃貸借契約 賃貸 契約 期間 賃貸借 更新契約

ベストアンサー
建物の老朽化は正当事由にはなりませんので、契約更新時期にお話し合いの上、更新契約ではなく、新たに短期賃貸借契約(期間を限定し、更新しない旨を必ず記載してください。)を締結することをお薦めします。
[ 続きを読む ]

こちらの内容は、2010/11/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

【関連記事】
A.不動産会社
回答日時:2010/11/19

関連キーワードから
質問を見る
建物 契約期間 店舗 正当な事由 契約解除 更新 契約 交渉 期間 立退き 貸主

今の建物状況では立退き事由にはなりません。立退き料を支払うから契約解除に応じてほしいというのも「正当な事由」の1つかと思います。契約期間内でも解除の申し出はできますが、貸主からの一方的な更新拒絶、解除の申し出は慎重にするべきです。
何をされている店舗かはここでは解りませんので立退き料の額がいくらになるか解りません。
誠意を持って相手と交渉する以外に手はなさそうです。

こちらの内容は、2010/11/19時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。



会員登録
     建物管理 不動産管理に関連した新着相談
下水管のつまりで汚水が逆流?借主から清掃費用負担を請求されて…
賃貸物件の排水管の高圧洗浄で破裂する危険?排水管のなかに新たに排水管を作るという技術は信頼出来る?
通行人が賃貸物件のゴミ置き場にポイ捨て?不法投棄を防ぐ対策は?
各構造別の建物の取り壊しや、更地にするための費用を把握したいのですが…
テナント付き物件で水道管に穴が開き、排水が詰まる!店舗の休業補償はどう対応すべき?

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP