店舗の再契約にあたって|お悩み大家さん

【「熊本地震」により被災された皆さまに対し、心よりお見舞いを申し上げます。被災地の皆さまの一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。】

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 > 店舗の再契約にあたって
解決済み
  • twitter
  • facebook
  • line
店舗の再契約にあたって 
相談日時:2010/04/27
(Q&A No.741 地域:大阪府) 回答数:3件
106
Q.定期借家勉強中さん
このQ&Aは役に立った
いいね!の数 0
☆☆☆☆☆
疑問
回答数:3件


▼専門家の方の回答を
お願い致します。

回答する

>> このQ&Aは役に立った

関連キーワードから
質問を見る
店舗 契約 質問 借家 定期 通知 借主 再契約 定期借家契約 敷金
いつもお世話になっております。 現在、定期借家契約で店舗を契約していますが 9月末で契約終了して10月1日より再契約の契約を交わそうと思います。 そこで質問を2点ほど。 【1】 再契約の際に今、預かっている敷金、敷引ですが 敷引をひいた金額を相手に一度返却しなきゃいけませんか? 再契約するという事なら、現在の契約で預かっている 敷金、敷引を再契約時に継承する事はできますか? 【2】 再契約したい通知は借主から受けましたので、 再契約を受ける事にしましたが、 契約終了日のどれくらい前までに契約しておくものでしょうか。 お手数おかけしますがご教示頂けますでしょうか? よろしくお願いします。
こちらの内容は、2010/04/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

お気に入りに登録
A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
NO.00000047
山京ビル(株)
山京ビル(株)
回答日時:2010/05/06

関連キーワードから
質問を見る
契約 内容 通知 借主 再契約 敷金

ベストアンサー
【1】
再契約するという事なら、現在の契約で預かっている
敷金、敷引を再契約時に継承する事はできますか?
”継承”という意味ですが、

[ 続きを読む ]

A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2010/05/06

関連キーワードから
質問を見る
解約 弁護士 保証 履行 更新 賃貸借契約 賃貸 契約 相談 問題 方法 家主 借家 定期 清算 通知 効力 回答 貸主 賃貸借 保証金 借主 再契約 定期借家契約 日時 敷金

回答・・・【1】
あなた様が家主さんですから敷金(保証金)から
敷引分を差し引いて一度返却されることを勧めます。
ただ、再契約時に継承しても何ら問題ないと思いますが、
敷引分を差し引いて不足分が出る再契約であれば、
不足分のみを再契約時に受領されることがベストだと思います。
一度、きっちり清算して改めて再契約するということを認識してもらうためにも
多少の面倒なことはこなしてください。

契約事は、民法上も双方合意であれば
その方法は法律に反してない限り
その都度の取り決めで問題ないので継承も大丈夫です。
(ただし、最終的な判断は弁護士さんにお願いしますが・・・。) 回答・・・【2】
定期借家契約は、終了する時期については明記されていたと思いますが更新?
(再契約)については、明記されていないと思います。
なぜなら、再契約ですから期限が切れる直前でも問題ないと思われますので。
ただ、双方とも都合のよい日時で再契約
(契約開始時期が10月1日の停止条件付き。)すれば
特段の法的期日はないです。

解約の申し出期日の関係で貸主からは半年(6ヶ月)前には書面で申し出ることとなっているので、
再契約を結ぶためにも解約通知は履行しておいていただくほうがベストです。
その上で、10月1日から効力の発生する定期借家契約を再度締結してください。
間違っても、更新しますのような文面を交わすと
将来的に相手方の借主が弁護士などに相談すれば、
通常の賃貸借契約であると主張できることもあると私も、
弁護士さんに聞いたことがあります。

まだまだ、近年に出来た法律の為に
いろいろと詳細については弁護士さんに相談することをお勧めします。
思わぬ落とし穴があることも考慮したほうがよいですから・・・。

こちらの内容は、2010/05/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2010/05/20

関連キーワードから
質問を見る
返還 更新 契約 方法 借家 定期 領収書 定期借家契約 敷金

定期借家契約は更新が無い契約ですので、
基本的に期日が来たら契約終了となり、
更新ではなく新たに新規の契約を結びなおすという考えから言えば、
敷金などは一旦返還する必要があると思います。

しかし、お互いの話し合いで合意できれば、
領収書などのやりとりのみで行う等の方法は考えられると思います。 また契約は更新月の1か月前あたりに結んでおけば確実ではないかと思います。

こちらの内容は、2010/05/20時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。



会員登録
     建物管理 不動産管理に関連した新着相談
迷惑入居者の親族の賃貸契約申し込みを拒否できますでしょうか?
専任媒介と一般媒介それぞれのメリット・デメリット・入居率の違いは?
地価上昇による家賃の値上げに借主が応じてくれません!
入居者から修理しないなら家賃を払わないと言われ…今後の対応は?
賃貸管理会社の変更による新会社との引き継ぎ方について

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]

PAGE TOP