大地震で貸家が崩壊した場合の賃貸人の法的責任について|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 大地震で貸家が崩壊した場合の賃貸人の法的責任について

大地震で貸家が崩壊した場合の賃貸人の法的責任について

解決済み 回答数:1件
  • 質問者:マサさん
  • 相談日時:2008/05/02(地域:東京都)
line
気になった! 81
築40年の木造の戸建2階屋です。

この家を耐震補強の工事を300万円で行い、10年以内の定期借家契約を結ぼうと思いますが、大地震がくればその耐久性は保証の限りではないと思います。

もし、大地震で家が崩壊し、借家人に大きな損害が出た場合、賃貸人に何らかの法的責任が及ぶのですしょうか。

ご教示願います。
こちらの内容は、2008/05/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
回答日時:2008/05/02

ご質問の件ですが、
賃貸に出される当初から耐久性に問題がある建物や入居者が入居中に建物維持の面において
補強・改修の要望が再三あったにも拘らず、その補強・改修を行わない…

続きを読む
こちらの内容は、2008/05/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
ベストアンサー以外の回答

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP