築35年の建物の貸家化について|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 築35年の建物の貸家化について

築35年の建物の貸家化について

解決済み 回答数:5件
  • 質問者:メロンさん
  • 相談日時:2009/07/30(地域:茨城県)
line
気になった! 81
初めまして。昨年義父が他界し、義母は施設に入り、 義両親の家が空家になりました。 10年前に建てた家に住んでいるので 貸家にできればと近所の不動産屋に相談しました。 見てもらったら雨漏りがあるから直す必要があるといわれ 屋根の張り替え70万〜といわれました。 築35年だから、雨漏りはどちらにしても直す必要があるけど・・・ 貸すとなったら次から次へと修繕をしなくてはいけなくなるのでしょうか 現状でお金を掛けないで、というのは考えがあまいでしょうか。 お金が無ければ代金を立て替えて家賃から返してもらってという方法もありますよ! お金が無いからと家を駄目にして貸さないのはもったいない! といわれたりもしています。 でも、いくつか貸家を持っている人はその不動産屋は危険だというし。 初めての事でどうしていいかわからなくて困っています。
こちらの内容は、2009/07/30時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)リルセダー
回答日時:2009/09/14

建物の賃貸借契約は、借主には賃料の支払義務が発生し、
貸主には借主の使用収益に支障が生じないよう積極的に配慮する義務があると、
法律で定められております。

続きを読む
こちらの内容は、2009/09/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
(株)パンダ不動産
回答日時:2009/09/14

建物を解体し、貸駐車場として収入を得る方法があります。 維持に経費はほとんどかかりません。

こちらの内容は、2009/09/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社サンオウ
回答日時:2009/09/14

賃貸として貸し出すとすれば、見た目の良し悪しは別として、
最低限でも入居者が問題無く住めるレベルに物件を維持する義務が発生します。
入居時だけでなく入居中も、設備や構造部分などに入居者の責任で無い範囲で
不具合が発生した時には、貸主がこれを修繕しないといけません。

そのため、築年数の古い物件を貸し出す時には
ある程度出費する覚悟は必要でしょう。

それでも家賃収入と比較した場合に、
それを上回るほどに出費がかさむ可能性は低いと感じられればメリットは出ると思います。 もし相談をされた不動産会社に不安を感じるのであれば、
複数の不動産会社や工務店などに
現状で修繕の必要性があるかどうか見てもらったらいかがでしょうか。
不動産と言う大きなものを預けるのですから、
いくつかの会社に相談して信頼出来そうな会社にお願いするのが一番大事です。

こちらの内容は、2009/09/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(有)ルーミン兵庫
回答日時:2009/09/14

ご返答いたします。 まず現状入居者の方にお部屋を貸すにあたって、
事前に修理の箇所がある場合、修繕し貸すのが一般的です。
(特に生活に支障のある場所はしていないと入居後のトラブルになります)
後ご相談される不動産屋なのですが、やはり評判の悪いところは
何か以前にトラブルを起こしておられる可能性もありますので、
気をつけたほうがいいかと思われます。

後リフォーム費用などは高額な請求をしている会社も多数ございますので、
何社かにお声がけされたほうがいいかと思います。(原価などは大体同じなので)
(大手のフランチャイズ店なども、会社によりいろいろな会社がございますので
お気を付けいただいたほうがいいかと思います)

こちらの内容は、2009/09/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
回答日時:2009/09/14

雨漏りは修繕する必要はあります。 放っておくと、別の場所まで修繕しなくてはならなくなってくるでしょう。
雨漏りは非常に危険です。
その周囲の腐敗。
そこから流れ込んだ場所の腐敗。
湿気がこもるとカビの原因にもなります。 貸家でお考えでしたら、まず雨漏りは最優先で修繕すべきでしょう。 また、他の箇所が別の原因で修繕しなくてはならないような場合も、入居前後に修繕
する義務はありますので、修繕しなくてはなりませんが、
契約締結後でも構いません。 クロスの張替えや、畳・床の張り替え、清掃は、
入居者の契約が成立してからでも良いと思います。
先にやってしまうと、すぐに入居者が現れなかった場合、
畳などは日焼けしてしまいますからね。
新しくなっていない!と言ってくる人もいます。 不動産屋を選ぶのであれば、
人の話よりも、ご自身の目で確かめてお任せする方が良いです。 時間のある時に、いろいろな不動産屋を回ってみてはどうですか?

こちらの内容は、2009/09/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

  • 不動産屋の変更、選定について

    現在、築15年・30坪の一軒家を不動産屋を通して貸しております。 その不動産屋の対応に不審に思っています。 入居者が見つかり契約のさい、不動産屋は 電話…

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP