購入した物件がペットのせいで悪臭にボロボロ…この場合瑕疵担保責任は該当しない?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 購入 >不動産購入 土地から建築> 購入した物件がペットのせいで悪臭にボロボロ…この場合瑕疵担保責任は該当しない?

購入した物件がペットのせいで悪臭にボロボロ…この場合瑕疵担保責任は該当しない?

line
気になった! 335
昨年の3月に1棟8室のアパートを購入しました。

1室は告知事項有り(これも契約するときにはじめてきいたのですが)
2室は滞納部屋(103号室:保障会社入っている105号室:1室保障会社入ってない)(103号室と105号室は、ご親族です)

条件はあまり良くないのはわかりますが
近辺地域に比べ利回りが少し高かったことと
初めての1棟目だったので購入しました。


購入後、103号室の退去が決まり保障会社の下、強制退去が行われ
退去しました。

実は、購入するときに103号室も105号室も退去後リフォームをして渡すという条件で購入しました。(口頭での話で、書面には記載はありませんでした。)


なので、103号室は退去後、購入先の会社に負担してもらいリフォームしてもらいました。ただ、猫を何匹も飼っていたらしく部屋は荒れ放題。想像を絶するほどでした。臭いがすごすぎで、玄関の時点で吐き気がするほどです。何とか200万円程度かけてリフォームしてもらいました。リフォーム後はきれいになりましたが、臭いが取れず苦戦しましたが何とか、借りてが決まりました。


そして、問題の105号室です。
これは、保障会社に入っておらず再三の忠告後も退去しなかったので
結局、訴訟に踏み切りました。
(これは、そういうのを含めて購入した責任があるのでやむ終えず自費で訴訟費用をまかないました。)

約半年くらいかかりましたが、3月に強制退去が済み出て行ってもらいました。
105号室の部屋の状況も劣悪な状況で、猫の匂いと103号室同様、ぼろぼろの状態でした。どんなに安く見積もっても130万円くらいの出費です。


105号室も、もちろん購入先の会社にリフォームをしてもらえると思っていたので
話をしたら、「そんな約束はしてない」と言われました。

これには驚きました。
退去後のリフォームの話は、退去前にも何度か話していたので大丈夫だと思っていました。

しかし、その時に担当していた方も書面に書いていないからと言われました。

確かに書いてはいませんが、
こちらの言い分としては、もし105号室の部屋の状況(103号室も含めて)あれだけの部屋の状態を知っていれば、リフォーム費用を見積もって融資も組んでいたはずですし、購入を見送っていた可能性だって十分にあります。

現在、資金がないので融資を組むために動いてはいますが。。

瑕疵担保責任も2年ついているので、まだ保障期間内です。

この場合、瑕疵担保責任の「隠れたる瑕疵」におおいに該当する気がしてなりません。この場合は、瑕疵担保責任は該当しないのでしょうか?

長々とすいません。
よろしくお願いいたします。
こちらの内容は、2017/07/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2017/07/07

これはここで判断出来る人はいないですよ、というか判断しても無意味です。なぜならば、裁判所でないと判断はできません。

書面に残ってないものは、確認のしようがありませんので、…

続きを読む
こちらの内容は、2017/07/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2017/07/10

売買時の取り決めは、何らかの形で立証する必要があると思います。
本物件がペット飼育可能にもかかわらず、お客様に知らされていなかった場合は告知義務違反に該当する可能性があります。
入居者が契約違反の場合は、お客様が入居者に対して損害賠償請求をすることになると思います。

自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.com/
こちらの内容は、2017/07/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社アメニシティ
回答日時:2017/07/13

105号室の室内の状態に関して瑕疵担保責任の範囲として、
全てが含まれるのか一部含まれるのかは
判断が難しい事案です。
口頭でのお約束の件について、
相手が約束していないと反論している以上、
当事者間だけの話し合いでの解決は難しいと思います。
調停等を含めて対応を検討されてはいかがでしょうか?

こちらの内容は、2017/07/13時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒ 今だから話せる成功者の裏話!
[特集]
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP