月1万円で借主の代わりに光熱費を負担。電気使いたい放題の借主にどう対処する?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >入居者 騒音> 月1万円で借主の代わりに光熱費を負担。電気使いたい放題の借主にどう対処する?

月1万円で借主の代わりに光熱費を負担。電気使いたい放題の借主にどう対処する?

解決済み 回答数:5件
  • 質問者:ジャンさん
  • 相談日時:2017/02/14(地域:大阪府)
line
気になった! 152
電気代について
ある戸建てを貸しているのですが、月1万円をもらって、私が代わりに光熱費を払ってあげていました。
1ヶ月目~2ヶ月目は12000~13000円と、まぁ許容範囲内だったのですが、それが3ヶ月目は35000円に跳ね上がり「いくらなんでも使いすぎだから差額を払え」と伝えたところ
「俺は1万円さえ払えば、出しっぱなし点けっぱなしで使い放題だと思っていた」と言うのです。

おそらく原因は、暖房を24時間つけっぱなしにしていたことだと推測されますが、このような場合、法的にはどういう解釈になるのでしょうか?
こちらの内容は、2017/02/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
高島総合法律事務所
回答日時:2017/02/15

そもそもの契約書の定め方によります。

電気代として月1万円と定めていれば
あるいは、
契約書に定めがなくそのような運用をしていれば

続きを読む
こちらの内容は、2017/02/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2017/02/15

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
早速ですが、ご質問に回答をさせて頂きます。

常識がない入居者ですね。

賃貸借契約書はどの様な規定になっておりますでしょうか。
賃貸人は1万円まで支払うなどの規定があればよいのですが、

電気料金は包括的に賃貸人の負担になっていると
後から請求するのは難しいと思います。

参考URL:http://apart-kanri.com/
こちらの内容は、2017/02/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2017/02/15

適切な使用が前提だと思います。適切な使用を求めても改善されない場合は電気料の増額を求め、書面の取り交わしをなさるべきでしょう。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wixsite.com/sankyobiru
こちらの内容は、2017/02/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2017/02/15

契約書に記載がある場合は、相手の合意ナシにその金額を上げることはできません。

でも、契約容量(アンペア)を変えることは出来るのではないかと思います。一般の住宅だと40Aか50Aで契約していると思うので、これを一気に20Aとか15Aに下げます。
契約アンペアが少ないので当然ですが使える電気量は下がるのでおのずと使用料は減ります。上げてくれと依頼されたら、そこで電気料は個人の負担に切り替えることを提案したらいかがでしょうか?

こちらの内容は、2017/02/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2017/02/22

契約書の内容はどのようになっていますのでしょうか?
月1万円以上は請求しないことになっていれば超過請求はできないと思いますが使いたい放題というわけではないと思いますので話し合って新しく取り決めてはいかがでしょうか。

こちらの内容は、2017/02/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 今だから話せる成功者の裏話!
[特集]
⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP