契約更新時に賃料・管理料を変更したい!拒否された場合にはどう対応すればいい?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 > 賃貸管理 更新拒絶 > 入居者の賃貸契約を更新したくない!大家さんが更新拒否したくなる理由とは?お悩み実例集 >入居者 騒音> 契約更新時に賃料・管理料を変更したい!拒否された場合にはどう対応すればいい?

契約更新時に賃料・管理料を変更したい!拒否された場合にはどう対応すればいい?

解決済み 回答数:6件
  • 質問者:まささん
  • 相談日時:2017/02/13(地域:東京都)
line
気になった! 190

現在、賃貸中ですが、転勤から戻ってきたため、更新時に解約して頂き、そこに住みたい、と考えていました(このことは、当初から借主さんに申し上げていましたが、既に東京に戻ってきていた前回更新の時にも、出て頂きたい、とお願いしたのですが、拒否されていました)

今回、更新に当たり、改めて、解約のお願いをしたのですが、借主さんから、出るつもりはない、賃料等の条件変更も一切受けられない、との返事でした。

今回は、2度目の更新時となり、また、以上のような対応を見て、当分、出て行ってはくれないだろう、と予想し、これまで、周辺相場より安く、また管理料も実費全額ではなく、一部を請求する、ということで(これは、当時の仲介業者の方(現在もその会社です)からのアドバイスでした)やってきましたが、これを機に、賃料を6%程度、管理料は実費をお支払いいただきたい、と提案したところ、これも、一切、認められない、その上で、更新を要求する、との返事をもらいました。

貸主として、これに対し、どのように対応するべきか、苦慮しています。
何か、アドバイスがありましたら、お願いします。また、場合によっては、専門家の方に改めてコンサルをお願いしたい、とも考えています。
こちらの内容は、2017/02/13時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2017/02/13

ハッキリいうと、その管理会社のミスですね。
賃料を安くする代わりに、次の更新はしないよということに合意していたのなら別ですが、何の約束も無く賃料を下げたりしても意味が無いです。
続きを読む

こちらの内容は、2017/02/13時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
栄不動産株式会社
回答日時:2017/02/13

まささん、こんにちは。
栄不動産の吉田と申します。

ご質問に回答します。
Q.契約更新時に賃料・管理料を変更したい!拒否された場合にはどう対応すればいい?

残念ながら一度決めた賃料・管理費は借主の合意なしに上げることはできません。
転勤から戻ってきたらご自分でお住まいになることが分かっていたなら定期借家契約で賃貸していればこのような問題はなかったのだろうと思います。

現在の家賃で更新すると言われている以上、その条件で更新するしかありません。
オーナー側が更新を拒否しても契約は法定更新となります。

家賃などの基本的な条件は以前と同じで「期間の定めのない」契約が更新された事になってしまいます。

退去してもらう、賃料を値上げしてもらう、どちらにしても借主との話し合いで合意できなければ最終的には訴訟となります。

訴訟には費用がかかりますので慎重に検討して下さい。

こちらの内容は、2017/02/13時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2017/02/14

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
早速ですが、ご質問に回答をさせて頂きます。

当初の契約は定期借家契約ではなかったのでしょうか。
周辺相場より安く貸しているという部分を考えると定期借家契約の様に思えます。

解約の規定、賃料増額の規定などの契約内容を改めて確認をして頂けたらと思います。

一般賃貸借であればオーナーの都合で退去させるのは非常に困難です。
相応の立退料も必要となります。

賃料の増額は契約の中で認められた物ですので、周辺事例などを根拠に交渉をされては
如何でしょうか。仲介会社さんはこうした交渉毎で報酬を得られなければ動かないので、
予め報酬を規定して動いもらうのも良いと思います。

例えば更新料全額を報酬とするなど

参考URL:http://apart-kanri.com
こちらの内容は、2017/02/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
高島総合法律事務所
回答日時:2017/02/14

本来、転勤から戻ってきた時に解約したいというのであれば
定期借家契約にすべきでした。

ただ、定期借家契約にしなくても
正当事由があれば期間満了の1年前から半年前までに
更新を拒絶することが可能です。

弁護士に面談で相談されたらよいと思います。

賃料や管理料の値上げは、
賃料増額請求をして
相手が応じなければ
賃料増額調停をし
それでも応じなければ
賃料増額訴訟をする必要があります。

その場合、賃料の鑑定費用が必要となります。

これについても弁護士に面談で相談した方がよいかもしれません。

こちらの内容は、2017/02/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2017/02/14

任意での話し合いが難しければ、賃料増額の調停を申し立てることになります(不調の場合は訴訟へ)。
明渡と絡んでいるので、不動産に精通した弁護士にご相談なさることをお勧めいたします。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wixsite.com/sankyobiru
こちらの内容は、2017/02/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2017/02/22

賃料変更は双方の合意が必要です。相場より圧倒的に金額がおかしい場合は調停や訴訟で決まれば
変更は可能です。詳しくは弁護士等にご確認ください。
借主と今後のことをよく話し合って決めていければよいのですが。

こちらの内容は、2017/02/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 今だから話せる成功者の裏話!
[特集]
⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP