強制退去だから原状回復はしなくていい!?借主の意思で退去したはずなのに…|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 >敷金・原状回復> 強制退去だから原状回復はしなくていい!?借主の意思で退去したはずなのに…

強制退去だから原状回復はしなくていい!?借主の意思で退去したはずなのに…

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:さん
  • 相談日時:2017/01/07(地域:埼玉県)
line
気になった! 287
初めて質問させていただきます。
両親が持ち家を貸しています。私も部分的にしか話を聞けていないのですが、
借主と以下のようなやりとりがあり、困っています。
・8年間の契約(2年ごとの更新?)で貸していた(28年3月で満了)
・こちらが家を空けてほしいと相談(?)したのがきっかけのようである
・借主本人(父親)とは連絡が取れず、電話連絡ができないため手紙(どのような
 内容かは分かりません)でのやりとりも試みたが、受け取ってすらもらえなかった
・12月になって、年末に引き渡すとの連絡があった
・引き渡し日に家の中を見たが、原状復帰がまったくされていない状態であった
 (物によって経年劣化があることは、こちらも理解している)
・原状復帰について、借主は「強制退去だからする必要がない」と言っている
 (貸した側に否があるとの言い分)

おおまかには、このような状況です。
当初、不動産業者を仲介していたのですが、社長が亡くなり会社も閉めてしまったので、父は大家として直接のやりとりをしていたようです。借主はそれが気に入らないようだと、借主側の娘さんから聞きました。
私にも大切な家ですが、なにより両親も大切に使ってきた家で、あまりの雑な使われ方に肩を落としています。「強制退去ではない」とこちらが主張することはできるのでしょうか。
こちらの内容は、2017/01/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2017/01/08

Nさん

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
早速ですが、ご質問に回答をさせて頂きます。

賃貸借契約書の解約条項はどの様に規…

続きを読む
【コメント】
6か月前の部分は父親も理解していて、このタイミングで明け渡しの話をしていた記憶があります。
合意契約、の部分に関しては、先方と連絡がつかない(電話に出てもらえず手紙も
受け取ってもらえなかった)ため“合意”とは言い難く、自分が納得していないから
強制退去、というとらえ方をしているのかと思うのですが……。
【コメント】
連絡が取れないのは気にかかりますね。
しっかりとした退去の意思の確認を書面などで
取っておかないと後々トラブルの要因となってしまいます。

早急に現地などに行きお話し合いをできる様に動いた方が
良いと思います。



日本AMサービス
こちらの内容は、2017/01/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2017/01/07

先ずは所有者であるご両親の意向を確認してください。
無駄な争いはしたくないという場合も有ります。

もしご両親も絶対に許せないと言うのであれば、やり取りしていた書面や記録(メモでも可能)、現状の写真、直すための見積、契約書類の全てを持って、弁護士に相談してください。不動産会社に相談する手もありますが、不得手な業者も多いので、確実なのは弁護士です。

こちらの内容は、2017/01/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2017/01/10

解約時に覚書等の取り交わしがなければ、基本的には賃貸借契約書の解約手続きに則ることになります。
国交省のガイドラインに従い、原状回復費用を請求なさってください。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wixsite.com/sankyobiru
【コメント】
貴重なアドバイスをありがとうございます。
"解約時に覚書等の取り交わしがなければ"とありますが、覚書以前に直接会って話すなど
まともなやりとりができず、引き渡しの日ですら状況をよくわかっていない息子に鍵を預け、
『強制退去だ』と言い張るのです。
原状復帰をしてほしい、という主張が正しいと相手側に理解してもらうにはどのように伝える
ことが適切でしょうか。
【コメント】
仮に強制退去と主張しているとするならば、そもそも退去を拒絶すれば良い話で、退去したということ自体合意解約ということになると思います。
いずれにしましても、話し合いで解決しなければ法的な手続きにならざるを得ないと思います。
山京ビル(株)
こちらの内容は、2017/01/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
栄不動産株式会社
回答日時:2017/01/12

Nさん、こんにちは。
栄不動産の吉田と申します。

ご質問に回答します。
Q.強制退去だから原状回復はしなくていい!?借主の意思で退去したはずなのに…

ご質問の内容を拝見する限りでは借主との見解の相違が原因のようです。

・オーナー側
退去を依頼したがその時には承諾してもらえず、その後借主側から退去の通知があった。

・借主側
オーナーから退去するよう通知された、オーナーの意向に従い仕方なく退去した。
(自分は居住を続けたかったがオーナーから強制的に退去させられた)

オーナー側から退去を依頼する場合、契約書に定められた6か月前の退去依頼でも正当事由がない限り借主は拒否することができます。

ただ、そんなことは知らないという人もたくさんいるのでオーナーから退去してほしいと言われると断れないと思っている人は多く、オーナーから強制的に退去させられたと考えてしまっているのかもしれません。

原状回復についてはオーナー側が工事などの手配をして借主側が費用を負担するのが一般的です。借主には経年劣化による価値の低下を差し引いた原状回復費用を負担してもらうよう交渉することになります。

入居期間が8年弱とのことですので喫煙や入居者の故意・過失で壊れている部分がなければ費用の大半はオーナー負担となります。
(国交省の原状回復ガイドラインをご確認ください。)

相手は強制的に退去させられたと思っていて感情的になっているでしょうから費用の負担をお願いしても聞いてもらえないようなら第三者(弁護士等)に間に入ってもらうしかないだろうと思います。

こちらの内容は、2017/01/12時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 今だから話せる成功者の裏話!
[特集]
⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP