原状回復費請求の為、貸主が連帯保証人の自宅を訪問しても良い?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 >敷金・原状回復> 原状回復費請求の為、貸主が連帯保証人の自宅を訪問しても良い?

原状回復費請求の為、貸主が連帯保証人の自宅を訪問しても良い?

解決済み 回答数:7件
  • 質問者:のりさん
  • 相談日時:2016/08/26(地域:千葉県)
line
気になった! 234
生活保護の入居者の連帯保証人が更新時に継続出来ないとのことで、話し合い上、退室してもらったが原状回復費の請求が預かっている金額では全然足りず、契約者本人は生活保護なので回収不可能なので、連帯保証人に請求をしましたが、全く聞いてもらえませんでした。(管理業者が手紙、内容証明を出してくれて、家にも訪問してくれたが)管理業者が入っていたが、(退去してから、だいぶ経ってしまったが)貸主が連帯保証人の家を訪問してもいいのか。

これで駄目なら訴訟を考えています。
こちらの内容は、2016/08/26時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社アメニシティ
回答日時:2016/08/26

貸主が連帯保証人宅を訪問することは問題ないと考えます。
管理業者に随伴頂き、訪問されるとよろしいと思います。

また、
請求する原状回復費用の詳…

続きを読む
こちらの内容は、2016/08/26時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答

相手は連帯保証人ですから賃貸人が請求のために訪問すること自体は問題ありません。もちろん、裁判手続外の任意の請求ですから、度を越した自力救済にならないように気を付けなければなりません。家の外で大声で用件を告げるとか、早朝、深夜を問わず頻繁に訪ねるとか、周囲に用件がわかるような態様で貼り紙をするなどの行為はNGです。話しができないようなら裁判手続をとり、裁判所で協議するのが望ましいです。

参考URL:http://www.yoshikawa-lawyer.jp/
こちらの内容は、2016/08/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2016/08/28

訪問も可能ですが先に再度連絡を取ってみてから検討してみても良いかもしれません。
また契約者からも支払いが不可能というわけではないのでケースワーカを含めて話し合ってみたほうが良いでしょう。

こちらの内容は、2016/08/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2016/08/29

貸主は債権者本人になりますので、債務者である連帯保証人宅に訪問することは問題ないと思います。ただし、早朝や深夜の時間帯を除くなどルールを遵守する必要があります。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wixsite.com/sankyobiru
こちらの内容は、2016/08/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
栄不動産株式会社
回答日時:2016/08/30

のりさん、こんにちは。
栄不動産の吉田と申します。

ご質問に回答します。

Q.原状回復費請求の為、貸主が連帯保証人の自宅を訪問しても良い?

・契約者本人に費用を請求したが支払いができないこと
・賃貸契約時の保証資料に問題がないこと

上記の2点に該当するのであれば債権者であるのりさんが連帯保証人の自宅を訪問することに問題はありません。

夜間の訪問や過度な督促はのりさんの立場を悪くすることがありますので注意して下さい。

ご質問を拝見する限りでは管理会社は適切な対応をしているようです。
貸主本人が行ったとしても結果は変わらないように思いますので弁護士に相談して訴訟となるのだろうと思われます。

こちらの内容は、2016/08/30時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2016/08/30

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
早速ですがご質問に回答をさせて頂きます。

逃げ得は許せませんね、

連帯保証人の多くの方がこうした責任を負っていると思っていない人が多いので、
まずこうした責任を負う立場であるという事を分からせる必要があると思います。

しつこく手紙や内容証明などで通知をして最終的には法的手段を検討された方が良いと思います。

当然の事ですが、費用対効果ですので時間と経費を使っても回収したい額であれば、
そうした行為にも価値があると思います。

参考URL:http://apart-kanri.com/
こちらの内容は、2016/08/30時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
高島総合法律事務所
回答日時:2016/09/01

相手が請求の手紙などを無視しているのであれば
訪問して請求しようとすることは
時間が適切な時間帯であり、
脅かしたりするような交渉方法を取らないのであれば
特に問題はありません。

こちらの内容は、2016/09/01時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒ 今だから話せる成功者の裏話!
[特集]
⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP