賃貸経営中のマンションの屋上にあるアンテナの修理費用は誰負担?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 金融 保険 >お金の話> 賃貸経営中のマンションの屋上にあるアンテナの修理費用は誰負担?

賃貸経営中のマンションの屋上にあるアンテナの修理費用は誰負担?

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:たっくんさん
  • 相談日時:2016/06/06(地域:)
line
気になった! 127
マンション経営をして7年が経ちます。
先日マンション隣の戸建ての人からテレビ映りの調子が悪くなったと連絡がありました。
最初はこっちに関係ないのにどうして電話がかかってくるのかわかりませんでしたが、よくよく話を聞いてみると、その方のテレビアンテナが当マンションの屋上にあり、何とかして貰えないですかとの内容でした。
知り合いの電気屋さんに聞いてみると、当マンションは築25年位で、隣の戸建てが25年以上の築年数なのですが、マンションを建設する際に電波障害の関係でマンション屋上にアンテナを建てたのでは?
という見解でした。
恐らく当時の所有者同士の話し合いでそうはなったと思うのですが、当時の話しを知っている人は誰も居てませんm(_ _)m

アンテナを治す費用はこちらが負担しないといけないのでしょうか?
アンテナを治した所で何年後かに調子が悪くなりまたこちらで費用を負担して治さないといけないでしょうかm(_ _)m

補足※戸建てに住まれている方は当時の所有者の方とは別の方になります。なぜか凄い怒り口調です。
こちらの内容は、2016/06/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2016/06/07

中古のマンション1棟を買って経営なさっているということでよいでしょうか?

マンションの電波障害については、法律上の義務はないとする人がいますが、それは法の都合のいいところ…

続きを読む
こちらの内容は、2016/06/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2016/06/07

特段の取り決めがなければ、むしろお客様のところに隣家の所有物が設置されているということの方が問題になります。
いずれにしましても、電波障害が発生する地域はケーブルテレビを導入することで解消されるはずです。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wix.com/sankyobiru
こちらの内容は、2016/06/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社ルート・イノベーション
回答日時:2016/06/07

こんにちは。
ルート・イノベーションの山本です。

結論から申し上げて、費用はお支払い頂いた方がよろしいかと思います。
通常、建物を建築して電波障害が生じるような場合近隣への補償を行うもので、
よくあるのは地中のケーブルテレビ線にて供給したりします。

私が活動していた横浜では、電波障害を発生させた建物が大きい建物でしたので、
近隣一体がケーブルテレビにて補償を受けていました。

さて今後のご提案についてですが、下記のことをご確認された方がよろしいかと
思います。

■電波障害が生じているのは隣地のみか
■今後の事を考えて隣地及び障害を受けている土地と新たに覚書を締結できるか

電波障害が生じているエリアを把握し、どの程度の補償が必要になるかを確認
出来れば、賃料収入のキャッシュフローにその分を組み込んで準備することが
出来ると思います。

また、障害を受けている方へ補償する際には「電波障害について●●の対応をする
ことで承諾する」旨の覚書を締結しておかれた方がよいのではないでしょうか。
その後のトラブル防止の為です。

隣地所有者が承諾するのであれば、ケーブルテレビ(地中)にしてもらいアンテナ
撤去するほうが話がスムーズだと思います。
(他人のアンテナが自分の物件にあるのはややこしいことになりかねませんので。)

こちらの内容は、2016/06/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社サンオウ
回答日時:2016/06/07


たっくん様


ご相談ありがとうございます。
株式会社サンオウの與那城(よなしろ)と申します。

ご相談の中で、念のためにまず確認したいのは現在でも電波障害があるのかです。
特に25年前当時はテレビ電波が現在の地上波デジタルではなくアナログなので、
電波の種類そのものが異なります。
また現在の地上波デジタルはアナログよりも受信障害に強いと言われており、
アナログの時に障害があった建物が地上波デジタルに変更して解消しているケースも多々あります。

もし現在電波障害が無ければその時点で話は解決し、
隣人様が自己の負担で自己の敷地内にアンテナを立てる話になると思いますので、
まずはきちんとした電波調査をする事をおすすめ致します。


そして現在も電波障害がある事に間違いが無ければ、
その際にはたっくん様が対応する責任はあると考えられますが、
そこでポイントとなるのはその責任の範囲です。

電波障害が無い一般的な戸建ての場合、
アンテナは各個人が自己の負担で自己の敷地内に立てるものです。
電波障害で問題となるのは敷地内にアンテナを立てて受信出来る場所が無い事なので、
アンテナを立てられる場所を提供すれば電波障害への対応責任を果たした、
とも言えるのではないかと思います。

上記の理由を前提として、
本来たっくん様が負担するべきなのは場所であり、
アンテナ本体は隣人様の負担である、
と主張するのも良いかと思います。

相手方が怒り口調なのは、
おそらくご自身が一方的な被害者で全ての責任がたっくん様側にあると当然に思われているので、
まずはその点についてのたっくん様側の主張をされる事が大切かと思います。

感情的になられる方とのお話し合いは大変かと存じますが、
頑張って下さい。



****************************
不動産のホームドクター
株式会社サンオウ
回答者:與那城 利幸(よなしろ としゆき)
****************************

参考URL:http://www.sanoh-net.co.jp/
こちらの内容は、2016/06/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP