ペット禁止を違反した入居者に対し「原状回復費の弁済、即刻契約解除・退去」どこまで要求できる?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 > 滞納 退去 ペット不可 > ペット不可物件でペットの飼育!原状回復で大家さんはどう対応すべき?大家さんのお悩み、解決事例集 >立退き 強制退去> ペット禁止を違反した入居者に対し「原状回復費の弁済、即刻契約解除・退去」どこまで要求できる?

ペット禁止を違反した入居者に対し「原状回復費の弁済、即刻契約解除・退去」どこまで要求できる?

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:yokayoyokaさん
  • 相談日時:2016/05/16(地域:熊本県)
line
気になった! 129
現在賃貸中のペット禁止アパートで管理の為立ち入りした際に、壁や柱に明らかに猫飼育よるものと思われる無数の爪痕・引っ掻き傷、さらに餌入りの容器と水受けが並べて床に置いてあるのを発見しました。
借主にそのことを問いただすと、「猫は飼っていない。子供がいるのだからこれくらいのキズはつくでしょう!」餌の事について問いただすと「これは野良猫が勝手に入ってくるから餌をやっていただけ。餌付けもダメなんですか!」と、しらばっくれるだけでなく、逆切れする始末。
私の方からは譲歩案として、「ペット飼育の事実をお認めになった上で、退去時の原状回復費用として家賃半年分を敷金上乗せする形でお支払いいただき、原状回復に同意頂ければ、今後も継続してお住まい頂いてもかまいませんが」と伝えたところ、「ペットなんか飼ってないし、出て行けと言うんなら、そっちの都合で出ていかせるんだから金なんか一銭も払わない」との回答でした。万にひとつ本当に飼育していないとすれば、全うな言い分だと私も思いますが、室内についているキズは、およそ子供がつけた傷ではなく、明らかに猫によるキズなのです。

契約書には、ペット飼育は法的手段によらず契約解除できる禁止事項として条文で謳ってあります。しかし当サイトやその他ネット記事では、たった一度のペット飼育では契約解除は出来ない、との意見が多くみられます。
貸主である私としては、ペット飼育は借主にやって欲しくない最たるものなのだし、ましてや、しらばっくれた上に逆切れしてくる借主には、原状回復費の弁済、即刻契約解除・退去してほしいのが本心ですが、そこまで要求できるものなのか半信半疑でその要求を内容証明で送ろうと準備をしています。

この様なケースの場合、借主に対して要求できるのは、いったいどれくらいの内容なのでしょうか?ご教示の程何卒よろしくお願いいたします。
こちらの内容は、2016/05/16時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2016/05/16

飼猫ではなく、野良猫を家の中に入れ餌をやっているのなら飼っているのと同じことです。
外で野良猫に餌をあげていた人に、その猫が起こした損害の賠償を命じる判決も出ていますので、今回の件は十分…

続きを読む
【コメント】
心強いアドバイス誠にありがとうございます。
当方は数件の自己所有物件を管理会社・不動産会社を利用せず自ら管理・契約等行っております。
ただ、ここまで悪質な入居者とやり合うのが初めてで、訴訟に発展するかもしれない事案も今回初めてなので、出来れば勉強を兼ねて今回すべて自分でやってみたいな・・・・などと、怖いもの知らずの素人考えでいたのですが、少額訴訟などに発展した時などのことを考えると、それなりの費用を払ってでも専門家に依頼すべきでしょうか?
yokayoyoka
【コメント】
ご自身で対応なさっても問題はありませんが、”ああ言えば、こう言う”入居者に対しては、論理的に反論できる知識、相手を言い訳を冷静に判断してカウンターを放てる経験があったほうが良いかと思います。
実際に、入居者のめちゃくちゃな言い訳に反論が出来なかったようですし、入居者もなめているように感じます。プロが対応すると、相手も只では済まないと意識すると思われます。

月々の管理費を削って、自己管理なさる大家さんが多くなってきていますが、トラブルがある度に対応をプロに頼むと、その費用は管理費を大きく上回ってしまいます。目先の小さな利益を優先して大きく損をしている大家さんが非常に多いので、この機会に管理会社に任せることも検討なさると良いでしょう。
株式会社三野 北前店
【コメント】
ご回答くださり誠に有難うございます。
おっしゃるとおりなめられてると思います。
昨日連帯保証人である親が出てきて、ある程度は自分たちの非を認めるような事を言ったあと、原状回復費用についてもある程度は支払う気持ちがある様なことも匂わせて
いきました。ただ謝罪の態度は全くなく、むしろこちらの管理の行き届かない点など、過去にさかのぼって言ってくるような態度も見られました。
まあ、その態度が気に入らないところは勿論ありますが、あまり常識を持ち合わせてない方たちのようですので、払うものを払ってくれればいいといったところで、請求書を出して様子を見てみようと思います。
yokayoyoka
こちらの内容は、2016/05/16時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2016/05/17

現在もペット飼育をしており、繰り返し注意しても改善されない場合は、契約解除は可能であると思います。
過去にペット飼育が認められ、それによる汚損や破損があれば、契約解除は困難ではあるものの修繕費用は請求できるものと判断いたします。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wix.com/sankyobiru
【コメント】
お忙しいところご回答くださり誠に有難うございます。
ぜひ参考にさせて頂きます。
yokayoyoka
こちらの内容は、2016/05/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
高島総合法律事務所
回答日時:2016/05/19

相手がペットを飼育していることを
証明できれば
契約を解除し、相手にそれによる損害賠償請求をすることが
可能です。
損害賠償請求の範囲は
猫によるひっかき傷等の原状回復請求となります。

弁護士に面談で相談され進められたらよいと思います。

【コメント】
お忙しいところご回答くださり誠に有難うございます。
ぜひ参考にさせて頂きます。
yokayoyoka
こちらの内容は、2016/05/19時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

博士コムのメンバーと交流しませんか♪
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
[特集]
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!
の関連記事

PAGE TOP