覚書に法的効力がない!?アパート建て替えに伴い引っ越し費用の請求はしないと約束したのに…|お悩み大家さん

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 > 覚書に法的効力がない!?アパート建て替えに伴い引っ越し費用の請求はしないと約束したのに…
解決済み
  • twitter
  • facebook
  • line
覚書に法的効力がない!?アパート建て替えに伴い引っ越し費用の請求はしないと約束したのに… 
相談日時:2016/03/31
(Q&A No.2582 地域:東京都) 回答数:4件
197
Q.マルさん
このQ&Aは役に立った
いいね!の数 0
☆☆☆☆☆
NO.00015595
マル
マルさん
困った
回答数:4件


▼専門家の方の回答を
お願い致します。

回答する

>> このQ&Aは役に立った

関連キーワードから
質問を見る
契約更新 退去 請求 弁護士 更新 アパート 契約 相談 費用 全額 退去時 通知 立ち退き 覚書 法的効力 効力 建て替え 礼金 借主 更新料 敷金 賃料
アパート建て替えに伴い、退去をしてもらう為、2年前の契約更新時に
①次回の契約更新はできない。
②退去期限の通知
③今回の更新料は支払わなくてよい
④今回の更新より退去時まで賃料から5000円を下げる。
⑤その代わり、引っ越し代等の費用は請求しない

以上の旨を記載した「覚書」に捺印、署名の上了解をもらいました。

あと数ヶ月で退去時期なのですが、借主から
弁護士に相談したところ、覚書に立ち退きにあたっての法的効力がなく、引っ越しに伴う費用の全額の請求が可能な為、
①引っ越し代等の費用
②契約時の敷金、礼金の全額返却
③契約時の契約手数料の返却
④引っ越し代等の費用工面が難しい状況の為、期日までの引っ越しが難しい。上記費用の工面を考慮して頂き、引っ越しをしたい。

との書面が届きました。
請求通りにしなければいけないのでしょうか?

こちらの内容は、2016/03/31時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

お気に入りに登録
A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 1
回答日時:2016/04/01

関連キーワードから
質問を見る
管理 契約書 弁護士 賃貸借契約 賃貸 契約 相談 無料 内容 立ち退き 覚書 賃貸借 借主 賃貸借契約書 管理会社

ベストアンサー
まったく法的拘束力が無いということはありません。
ただし、覚書ですから内容にあいまいな解釈ができる部分があったり、適当でない記載がある可能性もあります。でも、それらが全く無効ということは…
[ 続きを読む ]

【関連記事】
A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 1
回答日時:2016/04/01

関連キーワードから
質問を見る
管理 不動産会社 和解 不動産 自主管理 覚書 理由 効力 オーナー

双方が合意した覚書には一定の効力は認められるはずです。ただ、専門知識が乏しいなどの理由により先方が明らかに不利な条件にもかかわらず、それを認識せずに合意した場合は見直される場合も考えられます。
最終的には法的に手続きを進めることになりますが、恐らく双方の意見を聞き入れた和解案が提示されるのではないかと推測いたします。


自主管理オーナーさんのための不動産会社


こちらの内容は、2016/04/01時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.弁護士
回答評価する
いいね!の数 1
回答日時:2016/04/01

関連キーワードから
質問を見る
解約 短期賃貸借契約 契約書 弁護士 更新 賃貸借契約 賃貸 契約 相談 効力 賃貸借 更新契約 更新料 賃料

前回のときに交わした更新契約が
短期賃貸借契約
あるいは
合意解約書と解釈できれば
合意の効力が発生します。

更新料を免除したことと
賃料を減額していることから
そのような解釈が成り立つ可能性があります。

契約書を持って弁護士に面談で相談された方がよいと思います。

こちらの内容は、2016/04/01時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.建築・設計会社
回答評価する
いいね!の数 1
回答日時:2016/04/01

関連キーワードから
質問を見る
契約更新 正当な事由 老朽化 準備 耐震 倒壊 退去 契約解除 弁護士 耐震性 立ち退き料 更新 大家 アパート 契約 値下げ 交渉 問題 無料 判例 費用 借家 定期 内容 利益 評価 大家さん 立ち退き 覚書 家賃 入居 借主 定期借家契約 更新料

今回の件にあたり事前に準備して契約更新されたのだと思います。

しかし、覚書の内容に関わらず
「正当な事由」と「立ち退きに際しての経済的供与」があるのか否かが問題です。
こういう不利益があるために現在は定期借家契約を選択する大家さんが増えていると思います。

ただし、平成12年3月以前より入居していた人には、普通借家から定期借家への切り替えは原則(今のところ)許されない事になっているため、今回それができなかったのでしょうね。

大家さん都合の契約解除(立ち退き要求)にはこの事実関係を総合的に見て、借主に不利益が無いかどうかを吟味されます。

例え、「老朽化して耐震性に問題がある」としても正当な事由にはあたらないというのが判例です。今にも倒壊の危険がある、なおかつ引っ越し費用などの相応のケアが約束されているという両面そろって初めて認められるかと思われます。

更新料は現在無料のアパートもたくさんあります。地域の実情に応じてどうなのか?という所も関係します。これまで家賃を5000円値下げしてきた事は評価されると思いますので、これを加えて、引っ越し費用を含めた立ち退き料の交渉を早めに進められる方が良いように思います。

弁護士さんが出てきているのであれば、こちらも代理人を立てられた方がスムーズだと思いますよ。立ち退きの目的は値切る事ではなく、スムーズに期日通り退去いただく事です。

こちらの内容は、2016/04/01時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。



会員登録
     立退き 強制退去に関連した新着相談
家賃の支払いは最初の10年だけ!?滞納入居者の対処を出来るだけ自分達で何とかしたいが…
立退きの交渉が拗れて裁判になった場合、借主の弁護士費用は誰が負担する?
借主が騒ぎを起こして精神病院へ入院中で面会禁止…書面などの同意書で退去は可能?
6世帯中2世帯が立退き拒否!裁判はしたくないけど、どのように交渉すべき?
迷惑行為を繰り返し、少し気味の悪い生活保護を受けている入居者。退去してほしいが…

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

『成功経営者』への近道とは?
[特集]
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP