供託通知について|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 >立退き 強制退去> 供託通知について

供託通知について

解決済み 回答数:2件
  • 質問者:困り人さん
  • 相談日時:2008/05/06(地域:東京都)
line
気になった! 147
築40年以上の木造アパートで1階は私達家族が暮し、2階6室を貸しています。 十年以上前から老朽化を理由に新規入居を受けず、 1人だけが2部屋利用で20年近く住んでいます。 元々近くに住む祖母が貸していたのですが1年半前に他界、 祖母が生存中から引越しをお願いし良い返事を貰っていた為、 期限を決めれば退去して貰えると思い、 半年前に退室願いと退室前の3ヶ月分家賃を受け取らないと 書面で手渡ししました。 「わかりました」と返事を貰い3ヶ月前に「引越し先が見つからない場合、 その月の家賃を払うのでもう1ヶ月だけ期日を延ばして欲しい」 との申し出も受けました。 その期日も半月過ぎたため ”約束の期日を過ぎ3ヶ月分の光熱費も頂いていないので 電気・水道を月末に止めさせて頂きたい” と張り紙をした所「口約束だけで了承した証拠が何処にある」 と住人が豹変しました。 その後、家賃滞納を避ける為か”供託通知”が届きました。 ”家屋の明け渡し要求あり、あらかじめ賃料の受領拒否され 目下係争中”と記載されており家賃を貰っていない3ヶ月+期間を過ぎた 2か月分の家賃・光熱費の金額が書かれています。 家賃は共同トイレ 1室2万円×2室で4万円。 契約書は無く、敷金・更新料も頂いておりません。 祖母は「建物が古いので、いつ出て行って貰うかわからない と言ってあるので貰っていない」と言っていました。 建物の状態は、数年前に老朽化により2階水道管に亀裂が入り 1階が水浸しになり応急処置。業者からは何年もつかわからないが、 修繕すると100万を超える費用がかかると言われました。 又、数年前から暖かくなると1日に数十匹の羽蟻が飛び、 シロアリがいる可能性が高いと言われています。 この事も全て住人には伝えてあります。 住人の安全も考え、退去して貰ってから建替えを検討するつもりでいます。 半年前に通知した事は証拠として残っていませんが、 供託通知に書かれている日にちから6ヶ月後として 退去して貰うことは出来ないでしょうか? 又、供託通知として送られてきたものはどうすれば良いのでしょうか? 長くなって申し訳ありません。 アドバイスを頂ければ助かります。 補足ですが、供託通知に借主が”家賃支払いは月末”と書き込んでいます。 祖母が生存中は遅れて2か月分支払い等が頻繁にありました。 祖母の死後も当月分家賃を当月半ばに支払う事が多くありました。 家賃の支払い月末とは次月家賃を前月月末と書いていなければ 遅れにはならないでしょうか。
こちらの内容は、2008/05/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(有)ホームライフサポート
回答日時:2008/05/06

今回のケースでは、互いに気持ちの行き違いが生じ、
それが大きな原因になっているような印象を受けました。 多分入居者が次の住まいを早く探さなければと思いつつ、
思うような…

続きを読む
こちらの内容は、2008/05/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
回答日時:2008/05/06

建物老朽化により居住者の安全を考え、
建替えを正当事由として明渡を求めてください。
なお、供託に関しては明渡を妨げるものと考えます。 いずれにしても通知書の日にちより6ヶ月としたとしても
果たして確実に引越ししてもらえるものでしょうか?
もし、そうでなければ1日でも早い明渡を実現してもらえる様、
交渉してください。 なお、通知書は保管しておいてください。 月額賃料に関しては文面だけで
当月か翌月かの判断はできません。 この別は家主は翌月。
入居者は当月となりがちです。
大切なのは当月・翌月賃料を家主・入居者で
共通させておくことです。 なお、少なくとも2ヶ月くらいの遅れでは退去の
要件としては弱く、供託されているのであればなおさらです。

こちらの内容は、2008/05/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP