勝手なテナント借主達に困った…契約違反を止めさせるにはどうしたら良い?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 勝手なテナント借主達に困った…契約違反を止めさせるにはどうしたら良い?

勝手なテナント借主達に困った…契約違反を止めさせるにはどうしたら良い?

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:ハヮさん
  • 相談日時:2015/12/08(地域:東京都)
line
気になった! 171
事務所が複数入居しているビルになりますが、テナントさんや外部の営業の方の対応に苦慮しています。

1、テナントAさんは、室内の照明を変更したいと申し出がありました。元々の照明はこちらで用意しているものです。
この申し出自体は良いとしても、契約違反(契約面積以外の場所を無断で使用したり、バルコニーに造作したり)があるため、こちらから是正して欲しいと是正のための合意書を渡すと、怒鳴り込んできたり、情に訴えてきたりします。

2、テナントBさんは、大変誠実です。そこに某大手警備会社が営業をして、テナントさんから室内に警報装置を設置したいと申し出てきました。
こちらも申し出自体はいいのですが、その警備会社は以前も同物件の別の階の工事を行い、まともに工事の説明をせず、許可なく躯体に穴を開け設備を取り付けようとしました。その際、警備会社の担当に注意していますが、今回も同じ担当です。今回の対応は最悪で、「所有者には電話で設置したいとだけ伝えれば良い」とテナントへ説明していました。こちらへは何の説明もなく工事を強行していました。
当日、工事に気づき、注意してその場で工事内容を確認しました。図面も受け取りました。躯体には穴を開けないということだったので許可しました。
しかし、当日の説明にも図面にも記載がない位置に設備を設置されました。
そして躯体に許可なく穴を開けられたことが判明しました。
穴自体は小さいビス止めになりますので、建物へのダメージは少ないと思いますが、なぜ所有者を無視するのか理解に苦しみます。
今後も室内に何かを付けたいとテナントさんたちは申し出をしてくると思います。
長々となりましたが、以下質問内容です。

1、テナントさんの契約違反を止めさせるにはどうすればいいでしょうか。
2、また、外部の営業を縛るのは難しいですが、好き勝手にテナントさんや外部の人間に工事させないためにはどうすればいいでしょうか。
契約書には躯体に影響を及ぼす工事には貸主の許可が書面で必要であると記載があります。
よろしくお願いいたします。
こちらの内容は、2015/12/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2015/12/08

管理会社さんはないのでしょうか?
順に回答いたしますが、管理会社があればどちらも対応してくれるものですので、ご自身での対応が大変ならば管理会社を入れることをおススメいたします。(ただし、…

続きを読む
こちらの内容は、2015/12/08時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
弁護士
高島総合法律事務所
回答日時:2015/12/09

1、テナントさんの契約違反を止めさせるにはどうすればいいでしょうか。
貸主の承諾なく躯体に穴をあけるなどの工事は
  契約解除事由になる可能性があります。
  工事を行う前や行っている最中に知った場合は、
  内容証明郵便で契約違反なので、直ちにやめるよう請求し、
  止めなければ契約を解除する旨記載して
  契約を解除されたらよいと思います。

2、また、外部の営業を縛るのは難しいですが、好き勝手にテナントさんや外部の人間に工事させないためにはどうすればいいでしょうか。
  契約書で内装を変える場合、工事を行う場合は、躯体に影響を及ぼすものだけでなく全て
  事前に書面で貸主の許可を得ることとし、違反があったら、警告し、契約を解除するという方法を取ればよいと思います。
  そのためには、契約書の件や違反工事があった件について弁護士に相談しながら進める必要があると思います。

こちらの内容は、2015/12/09時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2015/12/09

1.契約違反の是正につきましてはタイミングが悪く感情的になったのかもしれません。お客様が契約違反を認識したら速やかに是正を求め、従わない場合は毅然とした態度で対応すべきでしょう。
2.契約関係は貸主と借主の間で存在しています。外部の業者であろうと無断で不適切な施工がされたのであれば借主に対して明確な意思表示をし善処を求めるべきでしょう。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wix.com/sankyobiru
こちらの内容は、2015/12/09時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP