管理委託する不動産業者が、借主優位の契約を進めたことで大家に生じた損害について。|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >不動産 管理会社> 管理委託する不動産業者が、借主優位の契約を進めたことで大家に生じた損害について。
11/12(日)に新宿で開催!税理士・弁護士に直接相談できる無料相談会!

管理委託する不動産業者が、借主優位の契約を進めたことで大家に生じた損害について。

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:るるさん
  • 相談日時:2015/10/29(地域:神奈川県)
line
気になった! 46
貸家を不動産業者に管理委託しています。

不動産業者が、『数ヶ月間の定期賃貸契約において

賃借人が早期退居した場合、大家に家賃の日割返却義務が無い』事を

故意に知らせない事により損害が生じた時の対処法を教えてください。

具体的事例を挙げます。

契約の際、賃借人の礼金を無しにして欲しい旨に対して、

私(大家)は(その時点で知識が無かった為)日割り返却無しを条件として

提示したのですが、不動産業者は私に日割り返却義務は無い事を知らせずに、

礼金無しで借主優位に契約を進めました。
こちらの内容は、2015/10/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
高島総合法律事務所
回答日時:2015/10/30

ご質問ではわからないのですが
契約には日割り精算義務の規定がないにもかかわらず
日割り精算をしてしまったということでしょうか。

それとも 続きを読む

【お礼】
分かりにくい質問に答えて頂きましてありがとうございました。

不動産業者が、「賃料の日割返却の義務は無い」事の説明をしなかったのです。
つまり後者に近いです。

お答えを参考にして、現在対応している所です。
有り難うございました。
るる
【コメント】
不動産業者が積極的に
日割り精算義務があると説明しておらず
単に
日割り精算義務がないことを説明しなかっただけの場合は
業者に説明義務があったかどうかは
ちょっと微妙なところで
業者に責任を問えるかは微妙です。
高島総合法律事務所
こちらの内容は、2015/10/30時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2015/10/29

定期賃貸借契約は、それ自体が日割りで賃料を返却する義務が無いモノです。なので、大家さんは返さなくてもよいです。
仲介業者が、賃借人にそのことを伝えてなくトラブルになったのなら、賃借人は仲介業者に責任を取るよう求めるべきものです。

なので、大家さんは「私は関係ないです。」という姿勢でよいです。

【お礼】
ご回答大変有り難うございました。
御助言を活かして、対処致します。
るる
こちらの内容は、2015/10/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2015/10/30

基本的に契約は双方合意が前提です。お客様が契約内容を了承(調印)したのでしたらその責めを追及することは容易ではありません。
ただ、管理会社が通常の契約と異なるケースを故意に告げなかったような場合は、今後の取引見直しを前提に協議なさることも一法です。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wix.com/sankyobiru
【お礼】
ご回答ありがとうございました。

管理委託している不動産業者は、例外である「日割で賃料を返還する場合もある」とは言うのですが
原則である「定期賃貸契約では日割で返却はしない」との説明をしませんでした。

なので、管理委託業務先を変更しようかと考え中です。
るる
こちらの内容は、2015/10/30時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP