建物の老朽化と自身の老齢を理由に2年後に管理解約を申し出たが断られました。今後どうすべき?|お悩み大家さん

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 > 建物の老朽化と自身の老齢を理由に2年後に管理解約を申し出たが断られました。今後どうすべき?
解決済み
  • twitter
  • facebook
  • line
建物の老朽化と自身の老齢を理由に2年後に管理解約を申し出たが断られました。今後どうすべき? 
相談日時:2015/09/24
(Q&A No.2456 地域:鹿児島県) 回答数:5件
88
Q.西原さん
このQ&Aは役に立った
いいね!の数 0
☆☆☆☆☆
NO.00007764
西原
西原さん
疑問
回答数:5件


▼専門家の方の回答を
お願い致します。

回答する

>> このQ&Aは役に立った

関連キーワードから
質問を見る
建物 解約 老朽化 テナント 管理 解決 方法 営業 理由 拒否 営業権
1階をテナントとして貸しています。

建物の老朽化と自分の老齢の為

2年後に解約を申し込みましたが

営業権を理由に拒否された。

解決方法を知りたい。

こちらの内容は、2015/09/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

お気に入りに登録
A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2015/09/24

関連キーワードから
質問を見る
建物 店舗 老朽化 契約解除 裁判 放置 裁判所 契約 交渉 定期 迷惑 迷惑料 特約

ベストアンサー
起源を決めた契約である「定期借地契約」でない限り、特別な特約があるなどしないと、ご自身の都合での契約解除は出来ないです。

建物の老朽化というのも崩壊しそうな状態(それも、…
[ 続きを読む ]

【関連記事】
A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2015/09/25

関連キーワードから
質問を見る
解約 管理 不動産会社 物件 正当事由 賃貸借契約 不動産 賃貸 契約 方法 借家 業務 管理業 自主管理 貸主 売却 オーナー 賃貸借 管理会社

管理契約ではなく、賃貸借契約の解約ではないでしょうか。
普通借家契約でしたら、いわゆる正当事由が必要となり、貸主からの解約は容易ではありません。
管理業務が煩わしいということでしたら、管理会社に任せてしまうことや、物件を売却するなどの方法が考えられます。


自主管理オーナーさんのための不動産会社


こちらの内容は、2015/09/25時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2015/09/30

関連キーワードから
質問を見る
管理 弁護士 相談 方法 対応 管理会社

状況によって対応が変わりますので管理会社か弁護士にご相談して対応方法を検討して見てはいかがでしょうか

こちらの内容は、2015/09/30時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.弁護士
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2015/10/02

関連キーワードから
質問を見る
建物 解約 老朽化 テナント 管理 業者 弁護士 正当事由 賃貸借契約 不動産 賃貸 契約 不動産業 相談 期間 借家 産業 定期 理由 賃貸借 不動産業者 定期借家契約 建物老朽化

不動産業者との管理契約であれば解約できますが
テナントとして貸している賃貸借契約であると
定期借家契約でない場合は
中途解約はできず、期間満了による終了も正当事由がないと
難しいです。

あなたの高齢化と建物老朽化とで
賃貸しない理由が正当事由として認められるかは
なかなか難しいですが
具体的事情によるので
弁護士に面談で相談した方がよいと思います。

こちらの内容は、2015/10/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2015/10/03

関連キーワードから
質問を見る
建物 解約 老朽化 メンテナンス 耐震 弁護士 大家 入居者 問題 株式会社 理由 入居 違法 建物老朽化 地震 消防法 下水

建物老朽化での解約希望と老齢のためとのことですが、老齢は理由としてきびしいかとおもいます。

具体的な進めかたとしてご参考までに記載します。
老朽化とのことですので、消防法や耐震の問題、上水下水、ガス管など施設の問題など、いろいろ挙げられるかとおもいますが、安全上の問題でお話されることをご提案します。

消防法上 現在の法律に適合していない。人身事故などが不安なので理解してほしい
耐震 違法ではないがこの建物で地震のときに事故が起こることが心配です

「このままメンテナンスしながらでも限界があり事故になる前にご理解いただきたい。」「物理的に危険が増加してゆくことは否めない。」「昨今の爆弾低気圧などもあり安全第一に考えて協力してほしい。」

すぐに法律論、そして弁護士の流れは経済的にも得策でないような気がします。

大家様と入居者様が安全のために考えるようになるとその後の話もスムーズかと思います。

ご参考になれば幸いです。 株式会社本郷エステート 櫻井


こちらの内容は、2015/10/03時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。



会員登録
     不動産 管理会社に関連した新着相談
父が有限会社として所有する物件を引継ぎ。会社を宅建業者として登録するつもりですが…
賃貸契約更新で身に覚えのない契約書のせいで更新料の請求が…!どう対応すればいいの!?
契約書が統一されていないので新たに賃貸借契約を交わしたい…!どのような順序で進めればいい?
定期借家契約での再契約の際、家賃の値上げを通知すると、借主から不当だと言われ…
定期借家契約の再契約時に対面での書面による説明がなければ通常の賃貸借契約になる?

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

『成功経営者』への近道とは?
[特集]
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP