普通契約から定期契約に変更し賃料を下げた場合、敷金の扱いはどうなる?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 普通契約から定期契約に変更し賃料を下げた場合、敷金の扱いはどうなる?

普通契約から定期契約に変更し賃料を下げた場合、敷金の扱いはどうなる?

解決済み 回答数:2件
  • 質問者:ずんずんさん
  • 相談日時:2015/08/31(地域:長崎県)
line
気になった! 52
先日、普通契約から定期契約への変更についての

質問をさせていただきましたがその続きです。

賃料を下げた場合、敷金はどうなりますか?

下げる前の賃料をいったん返金になりますか?
こちらの内容は、2015/08/31時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
横浜ユーリス法律事務所 弁護士 関戸 淳平
回答日時:2015/08/31

ずんずんさん、はじめまして。

形式的には、普通借家契約は終了しており、新規に定期借家契約を締結しておりますので、
敷金を一旦返却の上、再度差し入れて貰うとい…

続きを読む
こちらの内容は、2015/08/31時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2015/09/01

一旦契約が終了するため、前契約の敷金は返還し改めて敷金を預かることになります。
ただ、手続き上は過不足を精算することになるでしょう。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wix.com/sankyobiru
こちらの内容は、2015/09/01時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP