普通契約から定期契約に変更すると、ハウスクリーニングなどの特約は引継がれますか?|お悩み大家さん

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 > 普通契約から定期契約に変更すると、ハウスクリーニングなどの特約は引継がれますか?
解決済み
  • twitter
  • facebook
  • line
普通契約から定期契約に変更すると、ハウスクリーニングなどの特約は引継がれますか? 
相談日時:2015/08/21
(Q&A No.2430 地域:長崎県) 回答数:5件
77
Q.ずんずんさん
このQ&Aは役に立った
いいね!の数 0
☆☆☆☆☆
NO.00003643
ずんずん
ずんずんさん
疑問
回答数:5件


▼専門家の方の回答を
お願い致します。

回答する

>> このQ&Aは役に立った

関連キーワードから
質問を見る
戸建 退去 クリーニング 普通契約 契約 値下げ ハウス 売買 事項 定期 内容 割合 引き 変更 家賃 売却 値引き 借主 特約 ハウスクリーニング 新築
このたび、普通契約をしている戸建てを売却のため

定期契約に変更することになりました。

現在の借主さんとの売買の話も進んでいましたが

新築を希望とのことで定期契約を結びなおして

退去することになりました。

その場合、普通契約の時の特約事項で、

ハウスクリーニング等を行うという事項がありますが、

この内容も定期契約に引き継がれるのでしょうか?

また、こういう場合でも家賃の値下げをするべきでしょうか?

その際の値引きの割合など、一般的にはどのくらいでしょうか?

こちらの内容は、2015/08/21時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

お気に入りに登録
A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2015/08/23

関連キーワードから
質問を見る
入居者 契約 値下げ 重要 期間 借家 定期 割合 引き 家賃 入居 値引き 定期借家契約

ベストアンサー
家賃の値下げに関しては、入居者の方と協議をした上で、

定期借家契約に対して、不満を持っていないような状況

であれば、特に家賃の値下げはしなく…
[ 続きを読む ]

【関連記事】
A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2015/08/21

関連キーワードから
質問を見る
建物 普通賃貸借 定期建物賃貸借 契約書 更新 賃貸借契約 賃貸 契約 定期 引き 賃貸借 賃貸借契約書 定期建物賃貸借契約 特約

アセットリアルティの砂野と申します。

定期建物賃貸借として契約した場合、従前の普通賃貸借契約は終了しています。
契約の更新ではありませんので、定期建物賃貸借契約書に当該特約が記載されていなければ、原則として従前の特約は引き継がれません。

こちらの内容は、2015/08/21時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2015/08/24

関連キーワードから
質問を見る
契約書 契約 事項 引き 特約 要望 賃料

契約を終了して新しく契約をしますので引き継ぐということはありません。
新しい契約書に特約を入れればよいでしょう。
賃料引き下げ等はすべき事項ではありませんが要望等があるのでしょうか。

こちらの内容は、2015/08/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2015/08/24

関連キーワードから
質問を見る
管理 不動産会社 不動産 契約 住宅 制度 借家 定期 自主管理 オーナー 定期借家契約

普通借家契約は終了しておりますので、定期借家契約にきちんと盛り込むべきだと思います。
なお、定期借家制度は平成12年3月1日から施行されているため、それ以前に締結された住宅の普通借家契約は定期借家契約への切り替えが原則認められていない点にご注意ください。


自主管理オーナーさんのための不動産会社


こちらの内容は、2015/08/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.弁護士
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2015/08/24

関連キーワードから
質問を見る
事務所 弁護士 更新 クリーニング 契約 値下げ 説明 借家 定期 引き 家賃 借主 定期借家契約 特約

ずんずんさん

こんにちは
中崎町法律事務所の弁護士 高砂健太郎です。

まず、①クリーニング特約が引き継がれるか?についてですが
定期借家契約は新たな契約と考えますので、当然には引き継ぎません。
なので、このクリーニング特約について、借主さんと話を詰めてください。

次に②家賃の値下げですが、これも話し合いで決めるものですから、
必ずしも値下げは必要ありません。

あと気になった点です。定期借家契約の場合、更新しない事等の説明をしておく必要があります(通常私たち弁護士が関与するケースでは説明しましたと必ずペーパーにします)。その他にも留意点がありますので、良く調べてから締結してくださいね。


こちらの内容は、2015/08/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。



会員登録
     建物管理 不動産管理に関連した新着相談
震災による賃貸物件の修繕義務について家主はどこまで行えばいい?
飲食店のネズミ駆除の費用負担は誰になるのでしょうか?
大手ハウスメーカーのチェックミスで物件はカビだらけ!?修理の弁償はどれくらい?
相続を機に家賃の見直しをしたいのですが…交渉や手続きの仕方を教えてほしい!
1ヶ月で水漏れ!?既存配管が原因とはいっても内装工事時にチェックしないの?

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

『成功経営者』への近道とは?
[特集]
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP