入居者を決めたければ2ヵ月分の家賃を無料にすべき!?管理会社のやり方が腑に落ちません。|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >不動産 管理会社> 入居者を決めたければ2ヵ月分の家賃を無料にすべき!?管理会社のやり方が腑に落ちません。
11/12(日)に新宿で開催!税理士・弁護士に直接相談できる無料相談会!

入居者を決めたければ2ヵ月分の家賃を無料にすべき!?管理会社のやり方が腑に落ちません。

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:わんこさん
  • 相談日時:2015/08/17(地域:秋田県)
line
気になった! 83
管理会社についてです。

現在アパート、貸家を経営しております。

管理会社から、

「家賃2か月分無料にしなければ入居者が入らない」

あるいは家賃をこちらの了解もなく

どんどん下げたりということが頻繁にありました。

地元では住宅地の一等地にあり立地も悪いほうではなく、

決して事故物件でもありません。

一方郊外の辺ぴな山の裾ののかげにある貸家で

家賃もそんなに安くないにも関わらず満室です。

今は賃貸物件は飽和状態なので

最初はそのようなことを言われても仕方がないと思いましたが、

最近、管理会社のそのようなやり方が腑におちません。

どうしたらよいでしょうか。よろしくお願いします。
こちらの内容は、2015/08/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
アセットリアルティ株式会社
回答日時:2015/08/17

アセットリアルティの砂野と申します。

2ヶ月のフリーレントについて、
一時的キャンペーンなのか、繁忙期も込みの恒常的なものなのか、
単身者向け…

続きを読む
こちらの内容は、2015/08/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2015/08/17

賃貸住宅は、全国的に見たら、明らかに飽和状態ですが、だからといって管理会社が勝手に賃料を下げたり、フリーレントの期間を設けたりすることは出来ません。ハッキリ言えば、不法行為ですし、それによって生じた損害の賠償を求めることも出来ます。
家賃の決定権は、あくまでも所有者にあります。

経営に何かしらの問題がある不動産会社は、書かれたようなことをする場合が多いです。理由は、何が何でも手数料などを売り上げを上げなければならず、すでになりふり構っていられない状態であるから違法性があっても大多数の大家さんが文句を言わないことをいいことに好意をエスカレートさせます。思い当たる節があるようでしたら、すぐにでも管理契約を他社に替えた方が良いかもしれません。その上で、勝手に下げられた家賃で生じた損害を請求することです。

こちらの内容は、2015/08/17時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2015/08/18

市況によっては臨機応変な対応も必要ですが、きちんと説明もないまま一方的に進めてしまえばお客様のように不信感を抱いてしまうのは至極当然と思います。
周辺事例も含めて具体的な根拠を提示してもらい、そのうえで判断なさるべきでしょう。
不動産のポータルサイトで検索してみることも一案です。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wix.com/sankyobiru
こちらの内容は、2015/08/18時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2015/08/23

勝手に対応するのは非常に問題があります。今後同じことが起こらないように対応が必要です。
フリーレントなどの提案については対応すべきか最終判断はオーナー様がすべきです。

不動産会社に不信があるようでしたら変更も視野に入れても良いかもしれません。

こちらの内容は、2015/08/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP