社宅として賃貸契約しているマンション。借主法人が不祥事、契約継続拒否したい。解除理由になる?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 社宅として賃貸契約しているマンション。借主法人が不祥事、契約継続拒否したい。解除理由になる?

社宅として賃貸契約しているマンション。借主法人が不祥事、契約継続拒否したい。解除理由になる?

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:賃貸たかさごさん
  • 相談日時:2015/08/03(地域:神奈川県)
line
気になった! 69
ある法人とマンション1室の賃貸契約を締結しています。

社員の社宅として利用しているようでず。

その法人が最近、巨額の不適切会計で社長が辞任するなどの

騒ぎになっています。新聞やテレビでも報道されています。

このような法人とは賃貸契約を継続したくありませんが、

不適切会計で世間を騒がせていることは、

契約解除の条件になりますか。

もちろん敷金返却以外の費用は発生させたくありません。
こちらの内容は、2015/08/03時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2015/08/04

残念ながら本件の事由による契約解除は難しいと判断いたします。
もしも何かお客様に不都合(実害)があれば改善を求め、改善されなければ契約解除事由に該当する可能性もあるかもしれません。 続きを読む

【お礼】
ご回答ありがとうございました。
賃貸たかさご
こちらの内容は、2015/08/04時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
アセットリアルティ株式会社
回答日時:2015/08/03

アセットリアルティの砂野と申します。

家賃滞納やその他正当事由がない限り、直ちに契約解除は難しいと考えます。

大家さんとしてのお気持ちは察しますが、今般の報道は一部の経営者によるものであって、多くの社員は勤勉な方が多いのではないでしょうか。
そして、それぞれの社員には相談者と同じようにご家族があって、社宅契約だから直ちに出ていけ、というのはやや乱暴な議論に思えます。

マスコミの扇情的な報道に左右されるのではなく、入居者と向き合い、真摯にご対応されることを望んでおります。

【お礼】
早速のご回答ありがとうございました。

実は契約して4年になりますが、あくまでも法人との契約につき、
入居者の方とは直接会ったことがありませんでしたが、今回の件
が発覚後、今すぐ解約するとかではなく、私の気持ちを伝えると
ともに、今後の予定(継続して居住するつもりなのか、転居する
予定があるのか)等を確認して方向性を決めたいと思い、住人の
方との面会を管理会社経由で申し出ました。

居住されている方は、大家とは会いたくないとの一点張りで面会
することができませんでした。

こちらとしても居住されている方の都合には配慮したいと考えて
いますので、8ヶ月後に予定されている契約更新には応じないと
の申し出を行うことにします。


賃貸たかさご
【コメント】
ご連絡ありがとうございます。

確かに大家側からのコンタクトを拒絶するのはやや疑念を持ちますが、報道直後ということであれば、居住者側の気持ちも分からなくはないです。。

なお、借地借家法において大家側から更新拒絶をする場合、普通賃貸借契約であれば更新拒絶の通知とともに、正当事由が必要となります。
仮に法的手続きに進んだとして、この正当事由には、賃貸人及び賃借人が建物を必要とする事情、契約期間中の経緯や利用状況、立退料の支払をする等の要件が必要であり、一般になかなか認められません。

管理会社がいらっしゃるようですから、調整役として間に入っていただき、双方の意向を確認したうえで、合意解約を含め、円滑に進めていくことが良いと考えます。
アセットリアルティ株式会社
こちらの内容は、2015/08/03時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
高島総合法律事務所
回答日時:2015/08/04

巨額の不適切会計で社長が辞任するなどの
騒ぎになっています。新聞やテレビでも報道されています。
このような法人とは賃貸契約を継続したくありませんが、
不適切会計で世間を騒がせていることは、
契約解除の条件になりますか。

 契約書でそのような事情を解除事由として定めてあれば相手が法人なので
 介助も可能かもしれません。
 しかし、そのような条項がない場合、解除して裁判としたとしても
 法人の不適切な会計処理で、貸主と借主の信頼関係を破壊する
 程度の事情とは裁判所は認めない可能性が高いと思います。

 更新拒絶も相手が応じない場合は、法的には更新拒絶を強制できない可能性が高いと思います。

 法律上は、借主が保護されているので
 解除や更新拒絶は難しい場合も多いです。
 

【お礼】
ご回答ありがとうございました。
賃貸たかさご
【コメント】
すみません。
解除が介助になっていました。
高島総合法律事務所
こちらの内容は、2015/08/04時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2015/08/23

契約解除の条件としては難しいと思われます。

こちらの内容は、2015/08/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP