分譲賃貸で法人契約!大家のメリットとデメリットは?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 分譲賃貸で法人契約!大家のメリットとデメリットは?
11/12(日)に新宿で開催!税理士・弁護士に直接相談できる無料相談会!

分譲賃貸で法人契約!大家のメリットとデメリットは?

解決済み 回答数:5件
line
気になった! 743
転勤で地方勤務になったため、自宅であった分譲マンションを賃貸に

出しています。

入居希望の方が、ご夫婦とお子さんひとりで、ご夫婦で会社を経営され

ていて(従業員30名程度、奥様は名前だけかもしれませんが、お給料も

もらっている形になっています)法人契約を希望されています。

ダメなら個人契約でも。。とのことなのですが、オーナーにとって、

法人契約のメリット、デメリットはどういったものでしょうか?


会社の規模や年数によっても違うかと思うのですが、法人契約で

社長一家が住むとなると会社になにかあった時にどうなるのか?など

と考えてしまいます。


面倒なことだけなら法人契約はお断わりしようかと思っています。

よろしくおねがいします。
こちらの内容は、2015/07/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
アセットリアルティ株式会社
回答日時:2015/07/23

アセットリアルティの砂野と申します。

ご相談内容からみて、法人契約にしても手続上のデメリットはないと思われます。

特に従業員30人以上の法人…

続きを読む
【お礼】
ありがとうございます。参考にさせて頂きます。
泣きたい気持ち
こちらの内容は、2015/07/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社三野 北前店
回答日時:2015/07/23

大家側のメリットとしては、消費税を取れることです。法人での契約ですから、求められたら法人は消費税を払わなければいけません。拒否する、もしくは「個人だから消費税納めてないでしょう?」というのもNGなのです。個人でも、日々、消費税は払っているので、受け取る権利がありますし、法人は消費税を払い渋ると、消費者庁から叱られます。結構ひどく叱られます。

デメリットというか、気を付けることなのですが、法人契約の場合には社長が連帯保証人になる事はもちろんなのですが、社長自身が使用するために契約を結ぶ場合は、社外の連帯保証人、もしくは保証会社に入ってもらう必要があります。法人契約だからと、社長が連帯保証人になるだけでは、実質保証人がいないのと同じだからです。

転勤で貸し出す場合は、定期借家契約にし、後々トラブルにならないように公正証書での契約にしておくことです。

【お礼】
ありがとうございます。参考にさせて頂きます。
泣きたい気持ち
こちらの内容は、2015/07/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2015/07/24

契約名義はさほどこだわる必要はないと思います。
問題はその場所で何をするかということです。法人名義で住まい(社宅)とするのでしたら問題ありません。ただ、法人名義で事務所として使用するとなれば話は別です。
また、法人名義の場合は連帯保証人をその代表者にお願いすることになるでしょうから、審査については個人の信用も問われることになります。


自主管理オーナーさんのための不動産会社

参考URL:http://sankyobiru.wix.com/sankyobiru
【お礼】
ありがとうございました。参考にさせて頂きます。
泣きたい気持ち
こちらの内容は、2015/07/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2015/07/26

あまり大きな差はないと思いますが契約の審査内容次第だと思います。
倒産等が心配であれば保証会社利用も検討してみてもよいかもしれません。

【お礼】
ありがとうございました。参考にさせて頂きます。
泣きたい気持ち
こちらの内容は、2015/07/26時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
弁護士
高島総合法律事務所
回答日時:2015/07/27

法人と個人で、どちらがよいとか悪いとかはありません。
個人でも、法人でも、破産等するときは
未払い賃料は支払われなくなります。
また、会社が倒産するときは
社長の収入も無くなってしまうことが考えられますので
どちらが借主でも同じことだと思います。

大切なのは、法人の決算書を出してもらったり
個人の源泉徴収票を出してもらったりして
借主の信用調査を十分することです。
また、資産あるいは収入のある連帯保証人を
付けてもらうことが重要です。

会社の契約で社長を連帯保証人にするケースが多いですが
前に説明したとおり
会社と社長は運命共同体なので
会社の業績がすごくよければ別ですが
そうでない場合は
社長以外の収入や資産のある方を
連帯保証人につけてもらう方がよいと思います。

【お礼】
ありがとうございました。参考にさせて頂きます。
泣きたい気持ち
こちらの内容は、2015/07/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP