土地から新規で店舗物件を作る場合、基礎は布とベタどちらがいいですか?|お悩み大家さん

【「熊本地震」により被災された皆さまに対し、心よりお見舞いを申し上げます。被災地の皆さまの一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。】

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 > 土地から新規で店舗物件を作る場合、基礎は布とベタどちらがいいですか?
解決済み
  • twitter
  • facebook
  • line
土地から新規で店舗物件を作る場合、基礎は布とベタどちらがいいですか? 
相談日時:2015/04/24
(Q&A No.2308 地域:茨城県) 回答数:3件
55
Q.しんさん
このQ&Aは役に立った
いいね!の数 0
☆☆☆☆☆
NO.00006147
しん
しんさん
疑問
回答数:3件


▼専門家の方の回答を
お願い致します。

回答する

>> このQ&Aは役に立った

関連キーワードから
質問を見る
貸店舗 店舗 支障 物件 大工 賃貸 入居者 土地 配管 貸す 入居 設置 廃業
店舗物件を土地から作り、賃貸店舗として貸す場合、

まだ入居者が飲食店なのか学習塾なのかわからない場合、

ベタ基礎よりも布基礎のほうが配管の配置などの関係でよかったりするものでしょうか?

それともたとえ飲食店のように排水菅など多様する場合でも

最初からベタ基礎でもなんの支障もないのでしょうか?

大工さんが飲食店の場合は配管の都合上布基礎のほうが

配置を決めやすいようなことを言ってました。

その論理でいくと例えば最初に本屋が入ってしばらくして

廃業して次に決まったのが飲食店だった場合

配管を設置しずらいことになると思いますが、

入居店舗が何が入るかわからない、というような状況の場合、

店舗を新規で作った場合、基礎は布、ベタ、どちらがベターな選択でしょうか?

こちらの内容は、2015/04/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

お気に入りに登録
A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2015/04/26

関連キーワードから
質問を見る
建物 建築士 管理 大工 事務所 絶対 相談 土地 予算 建築会社 建築

ベストアンサー
立地にもよりますし、建てる建物の規模と予算にもよります。
大工さんが言ったことを真に受けるのではなく、設計事務所と相談する方が良いですよ。

言い忘れましたが…
[ 続きを読む ]

A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2015/04/25

関連キーワードから
質問を見る
建物 店舗 募集 対策 計画 対応 床下 ドア 害虫 建築

しんさん 様

建物の基礎に関してですね...

お任せください。

ベタ基礎か布基礎かとのことですが、ベタ基礎をお薦めいたします。
ベタ基礎は布基礎より建物に対する強度が上がるからです。布基礎は、床下からの湿気や害虫への対策が大変ですからね。

店舗の建築に関してましては、店舗の1階は土間仕上げとするのが一般的です。
募集する業種の幅が広がりますので。
排水管の位置については、床を立ち上げて排水に必要な勾配をとることができますので大丈夫ですよ。

注意すべきは、出入口、開口部の位置や広さですね。シャッターや自動ドア、窓、換気扇等は、色々な業種に対応できるように計画(設計)する必要があります。外観や天井高も工夫を施せば、人気のある店舗を建築することができるでしょう。。。

こちらの内容は、2015/04/25時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2015/04/27

関連キーワードから
質問を見る
相談

地盤などの条件によっても異なりますので一概に言えないと思います。
施工会社にご相談なさってください。

こちらの内容は、2015/04/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。



会員登録
     建物管理 不動産管理に関連した新着相談
ドア鍵の不具合で腱鞘炎になり慰謝料請求!?勝手ばかりの借主に対応できる専門弁護士はいるのでしょうか?
迷惑入居者の親族の賃貸契約申し込みを拒否できますでしょうか?
専任媒介と一般媒介それぞれのメリット・デメリット・入居率の違いは?
地価上昇による家賃の値上げに借主が応じてくれません!
入居者から修理しないなら家賃を払わないと言われ…今後の対応は?

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]

PAGE TOP