売却を理由に立退き要求する際、入居者の気分を害さずに説得する方法はありますか?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 売却 >不動産売却> 売却を理由に立退き要求する際、入居者の気分を害さずに説得する方法はありますか?

売却を理由に立退き要求する際、入居者の気分を害さずに説得する方法はありますか?

解決済み 回答数:5件
  • 質問者:フナミさん
  • 相談日時:2014/09/13(地域:秋田県)
line
気になった! 137
分譲で購入したマンションを13万で賃貸しておりますが、
諸事情で売却を考えております。

不動産会社では立ち退きは難しいと言われておりますが、
売却するにはオーナチェンジは入居者の気分を
害さないような立ち退き説得に思案しております。

アドバイスお願いいたします。

また、不動産業者も立ち退きについては消極的なので、
どのように説得してもうらうようアドバイスしたらよいものでしょうか?

退去費用は30万位は考えてます。
こちらの内容は、2014/09/13時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
アムネッツ株式会社
回答日時:2014/09/14

売却価格の問題でしょうか?
オーナーチェンジにて売却することにより
入居者様の気分を害することはまず無いと思います。
逆にその旨を事前にお伝えされてはいかがで…

続きを読む
こちらの内容は、2014/09/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2014/09/14

フナミさん

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
早速ですが、ご質問に回答をさせて頂きます。

今回の売却は空室にする事が条件でしょうか。
もし条件でなければ仮に立退料の減額をして、
買主にて行っていただく形は如何でしょうか。

立退きには概ね賃料6ヶ月位の立退料がかかります。
30万円でご納得させるのは難しいと思われます。

お金が発生する事ですので、慎重に行て頂ければと思います。

参考URL:http://dpm.tsl-tax.com/
こちらの内容は、2014/09/14時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2014/09/15

売却はオーナーチェンジではなく、空室で引き渡すということでしょうか。
不動産会社の言うとおり、明け渡しは容易ではありません。
立ち退きは、お客様自身が行わない場合は弁護士に依頼することになりますので、詳細は信頼できる弁護士にご相談なさってください。

こちらの内容は、2014/09/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2014/09/28

空室にして売却なのでしょうか?

退去を希望されるのであれば入居者に事情を話してから対応を見て判断して見ても良いのではないでしょうか。

こちらの内容は、2014/09/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
サラリーマン専門イットウモン@タカエージェント株式会社
回答日時:2015/01/15

フナミさん

サラリーマン大家さんサポートのイットウモンと申します。
遅くなりましたがよろしくお願いします。

売却に当たっては、
今の状態、賃貸人付、ですと2通りありますね。

一、まずは、不動産収益物件として仰るようなオーナーチェンジとした
現状のままの売却方法。

二、そして、賃貸人さんに退去して頂いて、
空き家とした状態で売却する方法と。

一が無理であれば二で売却するしかないですが、
二であっても売却は充分可能です。
その旨入居者さんにお断りをすればまったく問題ありません。

双方の売却金額を比較しながら、
入居者さんへの退去費用を上乗せしたりと考えれば良いです。


参考URL:http://ameblo.jp/ittoumon/
こちらの内容は、2015/01/15時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP