2棟目以降は違う建築会社に依頼した方が良いのでしょうか?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 購入 >不動産購入 土地から建築> 2棟目以降は違う建築会社に依頼した方が良いのでしょうか?

2棟目以降は違う建築会社に依頼した方が良いのでしょうか?

  • 質問者:skierさん
  • 相談日時:2008/05/06(地域:神奈川県)
line
気になった! 59
賃貸経営を行っておりますが、新しく賃貸物件を作る場合、 建築会社はいつも同じところの方が良いのでしょうか? 大手にお願いしているので、あまり経営破綻等は考えにくいのですが・・・

同じところならば出精値引きもありえるとは思いますが、 実際いくらくらいの値引きならいいのか分かりません。

複数の建築会社を使うメリット、デメリットを教えてください。
よろしくお願い致します。
こちらの内容は、2008/05/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)ナイスコーポレーション
回答日時:2008/05/06

一定の条件の下で、相見積もりをとることよって、選定した業者の中での
最低受注価格が分かることが、メリットになると思われます(公共工事と同じ)。
但し、同じ条件(同じ設計…

続きを読む
こちらの内容は、2008/05/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
(有)ウィルステージ
回答日時:2008/05/06

マーケットに対応した中で商品のバリエーションを増やすことは
良いことだと思います。 またメリットとして今までの会社に無いノウハウがあるかもしれませんし。 半面、既存の会社は1棟目から学んだ事もるでしょうからそれを
生かさないというのはデメリットに値するのではないかと思います。

こちらの内容は、2008/05/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(有)ホームライフサポート
回答日時:2008/05/06

花巻・住まいの情報館
ホームライフサポートの佐々木です。 アパート建築の際に同じ会社を使うメリットとしては
建物の意匠的に統一感が取れるので、同じ敷地に
複数棟建てる場合、特に効果的ではないかと思います。 また、メンテナンスもいちいち別なところに頼まなくても
良いというのは大家さんにとって魅力でしょう。 しかし、「なあなあ」になってしまうと提案がおざなりに
なったり、価格的にもあまり勉強しなくなる可能性が
無きにしもあらずではないでしょうか。 もちろん大手の会社であれば、そんな事はないのでしょうが、
賃貸経営は建物のブランドではなく、経営計画などの中身が勝負です。 そのあたりを十分に検討されて建築されるとよろしいのではないかと
思います。 建物も収支も素晴らしい賃貸住宅が出来る事を願っております。

こちらの内容は、2008/05/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)ハウステーション
回答日時:2008/05/06


単純に言えば見積りが比較できますし、建築や建築後の交渉の
カードに利用できます。 リフォームの場合、外壁修繕の場合に値段が比べ易いのでは無いでしょうか。 永く付き合うとはいえ、メーカーの担当者は数年すれば転勤や異動
退職などでいなくなってしまいます。
一つに肩入れするよりは、これより時代ごとに目まぐるしく変わる
価格情勢を見守ることが可能になりますので複数の会社を使われる
ほうをお勧めします。

こちらの内容は、2008/05/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
回答日時:2008/05/06

賃貸経営を一種の事業と考えると、長期的な利回りが重要です。
鍵となるのは建築費・賃料です。言うまでもなく、低コストで
充実した設備 高い家賃設定 さらには空室保証 が理想です。
建築コストは会社によりまちまち。
しかしながら、 限度を超えた値引きになる。もしくは、追加工事で結果として
値引きとなる。とした場合、建築会社で苦しむのは積算。
おのずと建物本体に影響していきます。 一方、会社による「利益」部分のコストダウンもあります。
例えば、営業所であれば所長値引。もしくは、本社サイドの値引。
しかしながら、値引き金額はたかが知れています。 なので、合い見積もりをとり、利回りを考え、競争させるのが
一番よいです。 注意すべきは他社の企画書を見せたりは
せず、おおまかな金額だけで交渉してください。
加えて金額はうそは言わず、他社でできるのに貴社ではなぜできない?
といった具合で交渉すべき。
利回りに関しては少数点3位くらいまでこだわってください。 同一会社による出精値引も本来であればあるのですが
とかく人の出入りが激しい世界。必要以上の期待は有されないほうが。
時期も異なり建築資材の値上がりもしております。 複数会社に関してメリット。賃貸経営の勉強になります。
デメリット。一見他社ですが、営業マン同士横でつながっている可能性アリ。

こちらの内容は、2008/05/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP