老朽化として正当化されますか?休業補償・立退き料の相場を教えてください|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 空室対策 >リフォーム> 老朽化として正当化されますか?休業補償・立退き料の相場を教えてください

老朽化として正当化されますか?休業補償・立退き料の相場を教えてください

解決済み 回答数:2件
  • 質問者:ばしばしさん
  • 相談日時:2014/04/10(地域:東京都)
line
気になった! 145
お世話になっております。
下記内容について、ご教示下さいますようお願いいたします。

テナント(店舗)を貸しています。
店舗は1階部分に3店舗あります。

去年の10月頃、その内の1店舗でトイレが詰まるようになり、
業者に行かせて高圧洗浄にて詰まりを解消しました。

排水出口から土砂が流れてきた事から
配管の損傷によるものとの説明を受け、
カメラを入れて検査した方がいいとの提案をされましたが、
その時点ではしばらく様子を見ることを選択しました。

その後、1か月毎にトイレが詰まると連絡が入ったため、
今年3月に入ってからカメラを入れるよう業者に依頼をしておりました。

詰まる度に入居者様側で業者を呼んで頂き対応してもらっていましたが、
とうとう、入居者様から「業者から手の施しようがないと言われた」と連絡がありました。

配管工事となると、隣の店舗の下にも配管が通っているので、
隣の店舗も含めた大掛かりな工事になると思われます。

工事の間は、営業不可能となりますので、家賃は請求出来ませんが、
その間、入居者様には休業補償のような補償をしなければなりませんか?
補償をする場合、1日あたりいくら位支払わなければならないでしょうか?


また、工事出来ないという決断をした場合、
老朽化を理由に店舗には退去して頂かなくてはならないのですが、

その場合、立退料のようなものを支払う必要はありますか?
支払う必要がある場合、いくら位になりますでしょうか?

同地区、同程度の広さの他店舗を借りるために必要な
保証金や敷金・礼金、内装費用などを賄える程度でしょうか?


=====================================

築年数:50年程度の木造2階建て
業務形態:カウンターバー
家賃:105,000円
営業年数:3年半程度
居抜きで貸しております。

確認ポイント
・老朽化が正当化されるかどうか
 ⇒前々から対応が必要とされつつ、半年程放置してしまったことにより
  状況が悪化してしまったことは否めませんが、
  業者からはこのまま放置すれば倒壊の危険があると言われています。

・工事中の休業補償は一般的に何をベースに金額を決定するのか
 (入居者様の店舗の売上をベースにするなど)

・立退料として用意するべき金額は、どういうものがあるのか
 (移転先で契約に必要な保証金や敷金・礼金など)


=====================================

お忙しいところ大変申し訳ございませんが、
ご教示頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

老朽化として正当化されますか?休業補償・立退き料の相場を教えてください
こちらの内容は、2014/04/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2014/04/11

配管工事については、既存配管が利用できない場合は、外配管を回すことで対処することが可能です。
技術のある業者へご相談なさってください。
法的な立ち退きには、いわゆる”正当事…

続きを読む
こちらの内容は、2014/04/11時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2014/04/27

まず配管工事が可能かどうか、またどのくらいの費用・工程で可能かなど、入居者の業者ではなく
オーナー様の業者と対応したほうが良いでしょう。
その結果次第ではないでしょうか。

また改善しない場合は店舗はこのまま営業をするのか入居者の意向を確認する必要があります。

すべては情報・データが揃った段階である程度決まります。

ここまではスピード感ある対応が必要です。

こちらの内容は、2014/04/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP