入居店舗(美容室)への経営アドバイスは家主が対応しないといけないのでしょうか?|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 相続 税金 >相続・税金> 入居店舗(美容室)への経営アドバイスは家主が対応しないといけないのでしょうか?
11/12(日)に新宿で開催!税理士・弁護士に直接相談できる無料相談会!

入居店舗(美容室)への経営アドバイスは家主が対応しないといけないのでしょうか?

解決済み 回答数:3件
  • 質問者:miuさん
  • 相談日時:2014/01/06(地域:奈良県)
line
気になった! 98
入居している店舗(美容室)の経営が思わしくなく、
何度も家賃の値下げを要求されて困っています。

実際に客として行ってみたところ、技術的には問題ないものの、
「やる気」の感じられない雰囲気でした。

新規顧客開拓もやっていないようで、経営の基本をアドバイスする必要があると感じました。

コンサルタントや相談先を探すのは家主の責任範疇なのでしょうか?
一度来た客にハガキを出しているようですが、チラシなど新規獲得の動きが無いようです。
また、仕事が少ないのでアシスタントの態度が投げやりになっていました。

管理会社さんは相談相手にはなりませんか?
こちらの内容は、2014/01/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2014/01/06

miuさん

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
早速ですが、ご質問に回答をさせて頂きます。

実際に技術や雰囲気を確認したの…

続きを読む
こちらの内容は、2014/01/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2014/01/07

お客様は店舗の空間を賃貸なさっているだけですので、経営のアドバイスをなさる必要はございません。
滞納が発生するようでしたら、淡々と手続きをなさるということになるでしょう。

こちらの内容は、2014/01/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2014/01/29

経営アドバイスは必要ないでしょう。
アドバイス等を求めているのであれば対応しても良いとは思いますが、入居者も経営者なので責任を持って経営をしていると思います。

後は入居者とオーナー様の人間関係や入居者の人柄次第でしょう。
また、無理に押し付けるような行為は避けたほうが良いかもしれません。

当社は経営コンサルタント業務も対応しておりますので、ご相談があれば出来る範囲では対応はしていますが業種も多岐に渡るため専門外は難しい部分もあります。

こちらの内容は、2014/01/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

  • 値下げについて

    現在店舗と事務所を合わせて貸しています。 3年契約で金額も店舗と事務所のため値引きを しています。 ところが先日いきなりFAXが届き、現在の不景気 と家賃の見直…

  • 入居中の原状回復要求がありました。対応方法は?

    初めて質問させていただきます。 当方所有のマンション物件にかれこれ20年住まわれている方がいます。 世間情勢を勘案して更新の都度、賃料の値下げには応じて…

  • 賃料値下げの話があり・・・

    契約更新時期が近づき、 賃料値下げの話がありました。 2年更新(不動産仲介有)なのですが、 前回か前々回も値下げの話があがり、 不景気を考慮し、長く居座っていただこうと…

  • 家賃の引下げを要求され・・・

    店舗と駐書場を貸しています。 不況という理由で昨年から 家賃の引下げを要求されています。 現在までに1回家賃の引下げをしています。 今回2回目の話が文書で来ました。 契…

  • 単身赴任の一人暮らしのはずが、夫婦二人で暮らしてる!?更新時に注意すべき…

    初めての更新で先方が法人契約です。 契約時も、先週マンションの大規模修繕工事のためベランダを見せてもらいに、お会いしたときも 「単身赴任の一人暮らし」とおっしゃいま…

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP