管理会社が敷金を不当に請求。犯罪ではないでしょうか。|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 >建物管理 不動産管理> 管理会社が敷金を不当に請求。犯罪ではないでしょうか。

管理会社が敷金を不当に請求。犯罪ではないでしょうか。

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:オリーブさん
  • 相談日時:2013/12/24(地域:山梨県)
line
気になった! 132

高齢の父にかわり数棟の貸家の大家さんを代行しています。
入居者の募集や管理、修繕の手配などは、以前からのおつき合いのある不動産会社
がとてもよくやってくれています。

ところが、この度、退去する方があり、敷金をめぐって不審な行動をしていることがわかりました。

敷金をいったん不動産会社に振り込んでほしいと言われ12万円を振込みました。
遠隔地なのでメールで部屋の写真も送ってくれ、経年劣化だけでとくに破損もない
という報告だったので安心しました。

いくらか経費を差し引いて返還してくれるのだろうと思っていました。

また、修繕について要望を伝えて業者の紹介をお願いしたところ、
業者を探しておくと快く対応してくれました。

数週間後、退去した本人から電話があり、不動産会社から38万円の見積が届いているが、
大家さんは知っているのか?という問合せがあり、びっくり仰天です。

修繕については「見積依頼中」の状態で何も聞いていません。

敷金の12万円が返還されないばかりか、あと26万円支払えといっているらしいのです。

部屋の汚損がひどかったなど、いやみなことを言われたり、支払を迫る電話が何度かあり、
思わず「分割でいいですか?」と言ってしまったら「ダメです」と言われたとか。

にわかに信じられない話なので、まず、証拠となる見積のコピーを郵送してもらうことにしました。

また、借主が負担すべきものではなく、支払う必要はないこと、私から不動産会社に返還するように
話をするので、電話があっても応じなくてよいと伝えました。

郵便が届いた頃、今度は金額を見直して12万円の見積を持ってきたそうです。

ようするに、最初の見積で揺さぶりをかけ、12万円で「ああ、助かった」と思わせ、
敷金を着服するつもりだったのではないかと思います。

今回は退去したご本人から電話があって発覚しましたが、今までも、
家主の知らないところで、とれる相手からはとる、ということをやっていたのではないかと疑われます。

たしかに仲介手数料1か月分、管理費5%というわずかな手数料収入だけでは大変だと思います。
しかし、敷金を巻き上げるのは、不動産業者として良心的か悪徳かというレベルの問題ではなく、
犯罪ではないかと思います。

今後、うちの物件については同じことはさせませんが、このまま放置しておいてよいのでしょうか。
こちらの内容は、2013/12/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2013/12/24

オリーブさん

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
早速ですが、ご質問に回答をさせて頂きます。

この様な管理会社がいらっしゃ…

続きを読む
【コメント】
日本AMサービス 堂下様
ご回答ありがとうございました。

「そんな話は今どき考えられません。何かの間違いでは?」
あるとすれば、そんな回答がくることを予想していました。
「この様な管理会社はまだまだ非常に多いと思います」とは意外でした!

ご指摘にあったとおり、この度の借主さんも、原状回復費用についての訴訟を考えていたそうです。その前に大家さんの意向なのか、たしかめるために電話をしてきてくれたのが幸いでした。

その後の経過をご報告しますが、不動産会社の担当者に見積の趣旨をただしたところ、フローリングにカーペットの跡が残り、善管注意義務を怠ったものであるから、張り替え費用を負担させるための見積であった。
38万円が高いというので、フローリングではなくもっと安いクッションフロアやカーペット敷きでの修繕を前提にして、再見積の金額を提示したものだと、一応は筋の通った回答でした。

でも、なぜそれを先に大家に伝えなかったのか? という疑念は残ります。

フローリングの張り替えをするとしても、過失率を考えて何割か借主に負担してもらうとか、大家の意向をふまえて交渉するのならわかりますが、あまりに独断で張り切りすぎです。

善意に考えれば、大家さんをわずらわせずに、借主にきっちり責任をとらせて、結果こうなりました、ここまで大家さんの負担を軽減しましたよ、と報告したかったのかもしれません。

敷金の着服をしようなど、ゆめゆめ考えてもいないし、今までもやっていないのに、私がかってな妄想を抱いているのかもしれません。

真相はまさに「薮の中」です。

結論としては、当方の意向にしたがって、敷金から3万円ほど経費を差し引いて、返金してくれたのでこれで一件落着としました。
真相は「薮の中」においたまま、これからもこの会社とおつきあいを続けます。

なにせ、田舎なもので、他の管理会社に変えようとしても、同業者が通じ合っていて、かえって不利益をこうむるおそれもあるからです。
オリーブ
こちらの内容は、2013/12/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2013/12/25

原状回復につきましては、国交省のガイドラインがありますので、それを前提に精査なさることで正しい負担割合が分かると思います。
お気持ちは分かりますが、”犯罪”という表現は少々行き過ぎかもしれません。ただ、民事上で主張なさることは妥当だと考えます。

【お礼】
コメントありがとうございます。
「犯罪」といったのは、敷金から原状回復の費用を差し引くことをいっているのではありません。

・大家は敷金を返すつもりで全額を不動産会社にあずけた(事実)
・大家は修繕費を全額負担した(仮定)
・不動産会社は敷金を借主に返さなかった(仮定)

もしも、この「仮定」が「事実」になったとしたら、借主のお金を不動産会社が詐取したことになるので、それは「犯罪」ではないかといいました。
オリーブ
こちらの内容は、2013/12/25時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
建築・設計会社
アロム株式会社
回答日時:2013/12/27

管理会社を変えるべきです。

これは自信をもって、断言できます。

私はリフォーム屋を営んでいるものです。
駆け出しの時は、受注した案件は外注に出し、対応していました。
リフォームおいて施主様にご満足いただけ、又、職人が仕事のしやすい現場を目指しています。職人に気を遣うのは良い仕上がりに繋がり、施主様と入居者に満足を提供できると信じているからです。
当時はリフォームの知識が乏しく、脚を引っ張ることもあるので、職人には出来ることは何でもしますと約束をして、本当にその当時はその職人が日本で一番技術があり単価が安く、良心的な人だと思っていました。
最初こと良かったのですが、日に日に理不尽な事を言われるになり、足元を見られるようになりました。少し対応がおかしいなと思った時に、まさにご質問者様のような事(同業者が通じ合っていて、かえって不利益をこうむるおそれもある)を思い付き合いを辞めにするのを辞めました。又、一時我慢すれば関係は改善されると思い信じて付き合いました。
結果は、人生初のストレスで呼吸が出来なくなり、これ以上の関係は続けられないと思い、関係を切りました。
その当時はその職人が日本一技術があり、良心的に安く対応してくれるスーパーマンでしたが、今分かるのは悔し涙が出るほど足元を見らえていたことです。

これを教訓に会社を立て直し、弊社では足元を見た営業をしない。全ての人に平等にサービスを提供する。をもっとうにし、当時とは比較にならない利益を出しています。

今回お伝えしたいのは、どの業者も同じ!や我慢すれば大丈夫!と思っていると、どんどん足元をみられます。そして、良い関係を築こうと思っても相手は、鴨としか思っていません(私は自分は損しても相手に良くしたいと思っている人なので、今回の例題の関係に関わらず、特に良くせっしていた人より勘違いされ、足元を見られている実績があるので、間違いありません)。
世間は思った以上に狭いですが、それなりに広いです。
日本においては資本主義です。自身の利益を一番に考えて生きていく社会とも言えます。
そのため、自身の利益に合わないとなれば、管理替えをするのは当たり前なことで、難癖をつけれるような事があれば、その会社を管轄する不動産取引の商いの許可を出す、監督署に連絡をすれば宜しいと思います。私は宅建主任者なので、不動産会社との関係では警察暑ではなく、監督署に連絡することをお勧め致します。


筋が通っていない事は嫌いなので、出しゃばりすみません。
少しでもご質問者様のお役に立てますと、幸いです。

参考URL:http://arom443.com
【お礼】
ご自身の貴重な体験からアドバイスをいただき、ありがとうございます。
「どの業者も同じ!や我慢すれば大丈夫!と思っていると、どんどん足元をみられます。そして、良い関係を築こうと思っても相手は、鴨としか思っていません」
というのは、どのようなビジネスでも、個人の関係においても、たしかにあると思いました。
なるほど、宅地建物取引業者として問題があれば、監督署に連絡するのが効果的なのですね。
オリーブ
こちらの内容は、2013/12/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2013/12/30

管理会社は代理ではなく代行のためオーナー様の意見が優先されます。
敷金をいったん振り込んでほしいという状態ですでに不自然になっています。

信頼できれば良いですが、すべて管理会社に任せず監視していくことは必要です。
経過の精算の仕方にも問題があるように思えます。

【お礼】
ご意見をありがとうございました。
なるほど、「代理」と「代行」は異なるのですね。
敷金をいったん振り込んでほしいという状態ですでに不自然というのは、考えてみるとたしかにその通りです。振込先を聞いて、大家から借主に直接送金すればよいのですから。
みなさんのお話から、やはり、これはグレーゾーンだという思いが強くなりました。
オリーブ
こちらの内容は、2013/12/30時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP