連帯保証人が契約更新を拒否してきました。|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 >入居者 騒音> 連帯保証人が契約更新を拒否してきました。

連帯保証人が契約更新を拒否してきました。

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:竹田さん
  • 相談日時:2013/12/04(地域:東京都)
line
気になった! 142
賃貸契約の更新の際に、連帯保証人が契約更新を拒否してきました。
入居者は高齢で年金暮らし、家賃滞納も何度か起きているため、信用力があるとはいえません。

他の連帯保証人を立てるならと条件を出したのですが、
新しい連帯保証人の候補はいない、そして退去する気もないと主張しています。

こんな無茶苦茶なことが許されるのでしょうか?
こちらの内容は、2013/12/04時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社ATMS
回答日時:2013/12/04

不動産トラブルに強い賃貸管理会社の株式会社ATMSの中井と申します。
早速ですが、ご質問に回答させていただきます。

結論から申しますと、契約者は居すわること…

続きを読む
こちらの内容は、2013/12/04時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2013/12/04

竹田さん

初めまして日本AMサービスの堂下です。
早速ですが、ご質問に回答をさせて頂きます。

賃貸契約書の内容を拝見させておりませんが、
連帯保証人さんが契約更新を拒むのであれば、
契約の継続を入居者の方へ断る事は可能だと思います。

何度も滞納を起こしている方なので、ちょうど良い機会だと思います。

それでも何とかお願いをしてくるのであれば、
今までの経緯を加味して頂き敷金等を追加で入れて頂くのは如何でしょうか。
他に移転する費用等を考えると3ヶ月分位を追加で預かっていても良いと思います。

敷金の受領額は特に決められておりませんので、
この様な方が入居者の場合、竹田さんのリスクを考慮すると合計で6ヶ月くらい、
預かっておいても良いと思います。

連帯保証人の方が断る=身寄りがないので、お亡くなりになられた際にも、
大家さん負担で費用がかかってしまう可能性があります。
非常に現実的で恐縮ですが、ここまで考えた上で契約の継続の有無を決めて
頂ければと思います。

無事に解決する事を祈っております。

参考URL:http://dpm.tsl-tax.com/
こちらの内容は、2013/12/04時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2013/12/05

原則的に一旦承諾をした保証人は一方的に保証を外れることは出来ません。
ハードルは高いかもしれませんが、保証会社やその他親戚や友人など、可能性のある先について話合いをなさってはいかがでしょうか。

こちらの内容は、2013/12/05時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2013/12/29

更新するのであれば連帯保証人は外れることは出来ないのでそのことを連帯保証人に説明して退去するのか入居者と話し合ってもらうしかないでしょう。

また保証会社に入るために審査してみても良いと思います。すべての保証会社で審査が通らないのであれば上記の対応になるでしょう。

保証会社は代理店制度をとっているところもありますので不動産会社にご相談したほうが良いでしょう。

自主管理の場合ご相談できる不動産会社が必要ですね。

参考URL:http://www.r-c-a.co.jp
こちらの内容は、2013/12/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP