相続で引き継いだアパートの滞納賃料および無断退去について|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 >家賃滞納 滞納催促> 相続で引き継いだアパートの滞納賃料および無断退去について

相続で引き継いだアパートの滞納賃料および無断退去について

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:グロリアスさん
  • 相談日時:2013/12/02(地域:東京都)
line
気になった! 55

相続によりアパートを引き継ぎ、大家になった新米大家なのですが・・・
滞納賃料および無断退去で悩まされています。

その入居者は私が引き継いだ時点で、約1年の滞納賃料がありました。
「賃料を払えないなら出て行ってもらいたい」と伝えたのですが、
「引っ越し先がない。小さい子供もいて、路頭に迷うわけにはいかない。分割で必ず支払う。」と言われました。
確かに小学生くらいの子供がおり、自分の息子と同い年くらいということもあり、情にほだされ、その言葉を信じてしまいました。

その結果、最初の支払い日から不履行され、部屋に訪問すると、無断退去・・・という最悪の結果となってしまいました。
しかも、荷物は放置、駐車場には車検切れの車を放置という状態で、勝手に処分していいか判断できずに困っています。

一刻も早く、新規の入居者を募集したいのですが、どのようにすればいいでしょうか?
こちらの内容は、2013/12/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社ATMS
回答日時:2013/12/03

不動産トラブルに強い賃貸管理会社の株式会社ATMSの中井と申します。
早速ですが、ご質問に回答させていただきます。

すぐに荷物や車を処分したいところだとは思…

続きを読む
【お礼】
住民票調査、確かに子供がいると何かと住民票が必要なので、効果的ですね!
ありがとうございます。
グロリアス
こちらの内容は、2013/12/03時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
日本AMサービス
回答日時:2013/12/02

グロリアスさん

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
早速ですが、ご質問に回答をさせて頂きます。

せっかく分割にて承諾をして頂いたのに、身勝手な入居者ですね。
今回の契約についてですが、連帯保証人の方などはいらっしゃらなかったのでしょうか。また親族の方の連絡先等は不明でしょうか。

弁護士さんを使うと所定の手続きにより費用と時間がかかっていまいますので、
できれば人にに退去及び荷物をすべて撤去して頂く方法が良いと思います。

まず当たれる連絡先をすべて当たって頂く事、警察等に事件性があるではと言う事で
相談されては如何でしょうか。息子さんがいらっしゃるので学校等の事や生活保護などを受けている可能性もあるので、行先等が見えてくるのではと思っています。
(もちろん個人情報の保護等があるので、役所などは開示しないと思いますが、少しでも可能性がある事をつぶして行った方が良いと思います。)

時間が経てば経つほど、対応が難しくなっていきますので、一定の期間を区切って頂いて後は専門家に任せると良いと思います。

無事に解決される事を祈っております。

現在、自主管理だと思いますので、今後は管理会社に任せる事もひとつの方法だと思います。

参考URL:http://dpm.tsl-tax.com/
こちらの内容は、2013/12/02時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2013/12/03

まずは明け渡しを完了させなければなりません。
保証人や親戚、勤務先などから本人と接触し部屋を明渡すよう催促なさってください。
最終的には明渡訴訟を提起することになります。恐らく勝訴するでしょうから、強制執行を行うことで明け渡しは完了します。

こちらの内容は、2013/12/03時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)レント・コレクト・エージェンシー
回答日時:2013/12/29

連帯保証人はいないのでしょうか?

残置物や車両は無断で処理することは出来ませんので行方不明調査を行うことが必要です。
放置車両からも調査は可能ですが、対応方法については不動産会社にご相談したほうが良いでしょう。

また明け渡し訴訟により対応も可能ですが調査が優先でしょう。

参考URL:http://www.r-c-a.co.jp
こちらの内容は、2013/12/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒『成功経営者』への近道とは?
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP