退去時の修繕費の請求について|お悩み大家さん

【「熊本地震」により被災された皆さまに対し、心よりお見舞いを申し上げます。被災地の皆さまの一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。】

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 賃貸管理 > 退去時の修繕費の請求について
解決済み
  • twitter
  • facebook
  • line
退去時の修繕費の請求について 
相談日時:2013/08/22
(Q&A No.1781 地域:長野県) 回答数:4件
79
Q.ぺこさん
このQ&Aは役に立った
いいね!の数 1
☆☆☆☆☆
NO.00002206
ぺこ
ぺこさん
疑問
回答数:4件


▼専門家の方の回答を
お願い致します。

回答する

>> このQ&Aは役に立った

関連キーワードから
質問を見る
負担 修繕 退去 修繕費 請求 入居者 全額 退去時 入居 精算 退去精算 全額負担

退去精算で、床なんですが、ところどころには、
へこみ傷があったのですが、(写真)残していませんでした。

退去立会で入居者の方が付けた傷があり、精算になるのですが、
全額負担は、納得がいかないので、ということです。

請求が、出来るのか、出来るのであれは請求額の
何%位が妥当なのか、宜しくお願いします。

こちらの内容は、2013/08/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

お気に入りに登録
A.その他
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2013/08/22

関連キーワードから
質問を見る
負担 請求 不動産 交渉 解決 借主

ベストアンサー

ぺこさま


こんにちは、お気持ちお察し申し上げます。
通常の使用での小キズなどは止むを得ないと思いますが、借主が注意していれば…
[ 続きを読む ]

A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2013/08/22

関連キーワードから
質問を見る
負担 テナント 故意 質問 解決 費用 償却 全額 賃借人 回答 張り替え 原状回復 減価償却

ぺこさん

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
早速ですが、ご質問に回答をさせて頂きます。

原状回復の取り決めですが、当初の取り決めにより大きく左右します。
地域によって違いますが、基本的には故意過失がない限り賃借人は原状回復義務を
追わないのが現状です。

故意過失があった場合でも傷がついたフローリングの使用度により、
減価償却がされていますので、張り替えた場合にかかる費用から減価をして頂き、
その部分の全額をテナント負担するというのが良いかもしれません。

一般的には72ヶ月で1円の価値となります。つまり72ヶ月間住んでいた場合、
故意過失があっても当該フローリングも価値は1円になるので賃借人の負担は
ないという考えになります。

無事に解決される事を祈っております。


こちらの内容は、2013/08/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2013/08/23

関連キーワードから
質問を見る
負担 借主負担 ペット 期間 入居 借主

入居期間にもよりますが、6年間でほぼ借主負担がなくなるということになると思います。
ただ、傷の程度により、単なるCFやカーペットの張替えで済むかどうかについても検討する必要があるでしょう。

こちらの内容は、2013/08/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2013/08/30

関連キーワードから
質問を見る
契約 入居

入居年数や状態・契約条項等によって変わりますので一概に何%とは状況が詳しくわからないと
判断は難しいです。

こちらの内容は、2013/08/30時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。



会員登録
     建物管理 不動産管理に関連した新着相談
ドア鍵の不具合で腱鞘炎になり慰謝料請求!?勝手ばかりの借主に対応できる専門弁護士はいるのでしょうか?
迷惑入居者の親族の賃貸契約申し込みを拒否できますでしょうか?
専任媒介と一般媒介それぞれのメリット・デメリット・入居率の違いは?
地価上昇による家賃の値上げに借主が応じてくれません!
入居者から修理しないなら家賃を払わないと言われ…今後の対応は?

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]

PAGE TOP