戸建から退去してもらうために、期日についての文書を交わしたほうがいいですか?|お悩み大家さん

【「熊本地震」により被災された皆さまに対し、心よりお見舞いを申し上げます。被災地の皆さまの一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。】

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 滞納 退去 > 戸建から退去してもらうために、期日についての文書を交わしたほうがいいですか?
解決済み
  • twitter
  • facebook
  • line
戸建から退去してもらうために、期日についての文書を交わしたほうがいいですか? 
相談日時:2013/02/20
(Q&A No.1634 地域:東京都) 回答数:5件
55
Q.RONDONBA4さん
このQ&Aは役に立った
いいね!の数 1
☆☆☆☆☆
NO.00002053
RONDONBA4
RONDONBA4さん
疑問
回答数:5件


▼専門家の方の回答を
お願い致します。

回答する

>> このQ&Aは役に立った

関連キーワードから
質問を見る
リフォーム 戸建 負担 滞納 退去 引越し費用 費用 文書 家賃滞納 家賃 支払い フォーム 借主 賃料 引越し
以前住んでいた戸建をリフォームして貸して10数年になります。
借主の家賃滞納がこの1年続き、話合いをした際に、
「仕事が減り、これからも賃料払うのは難しいので、夏ごろを目処に退去考えている」
と話していました。

(全く支払いがないのではなく、
少なくても毎月入金あり結果1年過ぎて6か月分100万円超えに滞納膨らんだ計算です)

建直しを考えた時に、7月末には確実に出て行ってもらいたいと思っているのですが、
このような場合、簡単な文書でも交わした方がよいのでしょうか?

また、退去の際の条件等も特に話していませんが、
どの程度負担(家賃の免除や引越し費用等?)が一般的でしょうか?

長い間借りていただきよい方ではあるので、
円満退去をして頂けたらいいと思ってますが、
7月末の退去を守って頂けなかった場合は、
強く次の行動に出るしかないかなとも思っています。

こちらの内容は、2013/02/20時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

お気に入りに登録
A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2013/02/20

関連キーワードから
質問を見る
滞納 退去 賃貸借契約 賃貸 契約 質問 費用 税務 念書 家賃 滞納家賃 税金 賃貸借 税理士

ベストアンサー
RONDONBA4さん

こんにちは日本AMサービスの堂下です。

ご質問を拝見させて頂きました。

書面(念書等)…
[ 続きを読む ]

A.その他
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2013/02/20

関連キーワードから
質問を見る
滞納 退去 契約解除 内容証明 契約 解決 内容 支払い 通達 強制退去 借主


RONDONBA4さま


こんにちは。すでに6ヶ月以上も滞納されているようであれば、強制退去も可能ですので、そこまではされないにしても、契約解除の通達(退去期日なども)を、できれば内容証明で発送しておいたほうがよいと思います。
事前に借主には、書面で送ることを伝えておけば、びっくりしないかと思います。


借主の方が良い方のようであれば、収入の目処がたてば、分割で支払い続けるのではないでしょうか。


無事解決されることを願っております。

こちらの内容は、2013/02/20時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2013/02/21

関連キーワードから
質問を見る
滞納 退去

既にそこまで滞納が発生しているとするならば、信頼関係は成り立っていないと言えると思います。
まずは早急に退去してもらい、滞納分はその後分割支払する旨書面を取り交わせば良いと思います。
退去をしてもらえるのでしたら、ある程度は譲歩なさった方がお客様にもメリットがあると思います。

こちらの内容は、2013/02/21時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 1
回答日時:2013/02/22

関連キーワードから
質問を見る
負担 管理 滞納 退去 保証人 トラブル 賃貸契約 保証 履行 賃貸 絶対 契約 交渉 判例 訴訟 費用 リスク 株式会社 家賃 支払い 滞納家賃 口約束 明渡 管理会社

滞納トラブル専門の管理会社、株式会社オリエントの山本と申します。

さて、滞納家賃が6か月以上ということなので、判例と照らし合わせても賃貸契約の前提となる信頼関係は破たんしていると見なされます。
特段、引っ越し費用の負担や家賃の免除をする必要はありません。
常識に沿って7月末に退去してもらい、同時に滞納家賃の回収も進めましょう。

口約束で困るのは、行った・言わないの水かけ論から約束を不履行されてしまい、居座られてしまうことです。
このような事態を避けるために、退去の合意書は交わしておくべきです。

保証人がいるのであれば、同席してもらい、連名で合意書を交わしてください。
保証人にとって、期限の先延ばしは債務額が増えるリスクしかありませんから、絶対に協力してくれます。

最も避けたいことは、明渡訴訟を起こすことです。
こうなると判決が出るまでおよそ半年程度かかってしまいます。
当然、この間は家賃の支払いも期待できません。

明渡訴訟で争わないようにしっかりとした任意交渉を行ってください。


こちらの内容は、2013/02/22時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2013/02/28

関連キーワードから
質問を見る
退去 届け

退去が決まっているであれば退去届け(各条項付き)が必要です。




こちらの内容は、2013/02/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。



会員登録
     立退き 強制退去に関連した新着相談
生活保護者に対し更新料支払いの遅れで退去させることは可能?
貸店舗で又貸し!?退去するはずだった店子が別の人を店長にして経営続行…
土地を勝手に使用!?駐車場として貸していたのに戸建てが建っていて…
全戸立ち退き料を支払わないで退去して欲しいが可能でしょうか?
借地契約の解除により貸店舗との賃貸借契約の解除は可能?

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]

PAGE TOP