不動産経営をする上での簡単な数字管理方法とは?|お悩み大家さん

【「熊本地震」により被災された皆さまに対し、心よりお見舞いを申し上げます。被災地の皆さまの一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。】

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 相続 税金 > 不動産経営をする上での簡単な数字管理方法とは?
解決済み
  • twitter
  • facebook
  • line
不動産経営をする上での簡単な数字管理方法とは? 
相談日時:2012/03/23
(Q&A No.1330 地域:兵庫県) 回答数:4件
51
Q.無知のちちさん
このQ&Aは役に立った
いいね!の数 1
☆☆☆☆☆
疑問
回答数:4件


▼専門家の方の回答を
お願い致します。

回答する

>> このQ&Aは役に立った

関連キーワードから
質問を見る
管理 不動産 方法 経営 不動産経営
不動産経営における
簡単な数字管理方法を教えて頂きたい。

こちらの内容は、2012/03/23時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

お気に入りに登録
A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 1
回答日時:2012/03/24

関連キーワードから
質問を見る
建物 修繕 管理 修繕費 管理料 賃貸契約 不動産 賃貸 経費 契約 質問 マンション ローン 費用 償却 分譲 回答 分譲マンション 経営 管理費 水道 損金 不動産経営 減価償却 賃料 固定資産税 収支 資産

ベストアンサー
無知のちちさんのご質問は、不動産経営をする上で、収支(特に支出)をどう管理(予め頭に入れておく)できるか?と思いましたので、下記にご回答いたします。(まったく検討違いでしたらご容赦下さい)

[ 続きを読む ]

A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2012/03/24

関連キーワードから
質問を見る
管理 方法 税務

簡単な数字管理方法はありません。
税務署に申告するにしても、書類を揃えて所定の手続きをしなければいけません。

こちらの内容は、2012/03/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2012/03/24

関連キーワードから
質問を見る
建物 管理 報告書 更新 賃貸 直接 契約 相談 ローン 費用 方法 支払い 工事 礼金 更新料 税理士 原状回復 賃料 固定資産税 管理会社 収支 資産

先にもございますが、簡単な数字管理方法は特には無いと思います。

また、賃貸戸数にもよりますが、直接的な建物の収入・支出(賃料・共益費・更新料・契約時の礼金・入れ替え時の原状回復工事費用など)は管理会社に依頼をすれば、毎月々の月次報告書などを作成してくれます。
申告の際は年間収支報告もお願いすれば作成してくれる管理会社もございます。

残りの固定資産税やローンの支払い等は税理士さんにご相談されながら、行うのが良いと思いますよ。


こちらの内容は、2012/03/24時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。


A.不動産会社
回答評価する
いいね!の数 0
回答日時:2012/03/26

関連キーワードから
質問を見る
建物 管理 費用 方法 償却 有効 減価償却費 減価償却 利回り 収益

数字管理方法をどのようにイメージをなさっているかにもよりますが、複式簿記で帳簿を付けることが有効であると考えます。
通帳を見れば入出金を把握することはできますが、現在の建物価値や延滞状況などは見えてきません。
減価償却費用や未収入金、未払い金などを計上することで現状をより鮮明に把握できると思います。
できれば、数年に一度地価公示価格や路線価額、それに応じた収益利回りも確認なさるとよいでしょう。

こちらの内容は、2012/03/26時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。



会員登録
     相続・税金に関連した新着相談
アパート一棟購入の際、減価償却の割合を増やす為建物比率を増やし契約したがこれって脱税に当たる?
更地で土地を購入したのに取り壊した建物の税金も含まれるのって一般的?
土地のみを相続する場合、更地の評価額にならないようにする為にはどうすれば良い?
相続による賃貸管理で問題発生!アパートの駐車場の料金を徴収したい!
所有しているRC造物件の家屋評価額が高い!?

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]

PAGE TOP