父所有の賃貸併用住宅が老朽化!建て替えと相続する際の保証人について|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 購入 >融資・ローン> 父所有の賃貸併用住宅が老朽化!建て替えと相続する際の保証人について

父所有の賃貸併用住宅が老朽化!建て替えと相続する際の保証人について

解決済み 回答数:4件
  • 質問者:立退き相談さん
  • 相談日時:2012/01/06(地域:東京都)
line
気になった! 198
現在父所有の賃貸併用住宅が老朽化しており、建て替えを検討しております。

現在は底地30坪に5階建ての鉄筋コンクリートのビルです。
1Fにはテナントとして飲食店が1軒、2・3階は1ルームが各フロア4室の
計8室で満室状態です。

隣の土地も父の所有で、次回立て替えの際の隣と合わせて60坪弱の底地として
賃貸併用住宅の建て替えを検討しております。

父は65歳なので長男の私が立て替えをし、底地の相続も私となる予定ですが、
私たち家族はそこに住むつもりがなく、建て替えても両親のみ建て替えた住宅へ
住む予定で、両親がもし他界すればその部屋もリフォームなどして全て賃貸に
変更する予定です。

そこで質問ですが、この場合実際は父がローンを組み私が保証人になった方が良いのでしょうか?

あるいは私名義でローンを申請した方が良いでしょうか(もちろん審査に通るか通らないかは別として)

また、私はまだマイホームを購入しておらず、近々購入を検討しております。

その場合、自分のローンと立て替え予定の賃貸併用住宅ローンの2重ローンは一般的には
可能でしょうか?

私は一般的な一部上場企業の一社員です。

なお、私が賃貸併用住宅を建て替えた場合は、どこかの業者を挟んで
一括借り上げ状態にしてもらうか、業者に管理を任せる予定です。

現状は両親が自分たちで家賃回収をしたりしています。

取り留めもない質問ですが、ご回答を頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。
こちらの内容は、2012/01/06時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社アイディーエム
回答日時:2012/01/07

まず整理しましょう

■>現在は底地30坪に5階建ての鉄筋コンクリートのビル
底地と書かれています。
1.土地の所有者は誰?
2.…

続きを読む
こちらの内容は、2012/01/07時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
有限会社 ツカサホーム
回答日時:2012/01/09

相続税対策を考慮するのであれば、お父様名義でローンを組むべきです。
隣地と併せて立て替えをお考えであれば、現入居者の立ち退きについても考慮しなければなりません。
業者に管理を任せるのであれば、立ち退きから建て替えまでの収支を出してもらい、採算が合うのであれば、立ち退き交渉もやって貰ってください。
又、マイホームをご購入なさる予定があるのなら、保証人は避けた方が良いので、金融機関と良く相談して下さい。

こちらの内容は、2012/01/09時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2012/01/10

一般的には、最初のご質問のようにお父上がローンを組み、お客様が保証人になるという形をとると思います。
将来の相続のことを考慮するのでしたら、お客様がローンを組むことはオススメできません。
本件は将来の相続をよく検討したうえで進める必要がありますので、できれば信頼できる税理士にご相談なさってください。
物件の規模によっては法人化をするという選択時もございますので。

こちらの内容は、2012/01/10時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
サラリーマン専門イットウモン@タカエージェント株式会社
回答日時:2014/11/19

立て替え検討中さま

サラリーマン大家さんサポートのイットウモンと申します。
回答させて頂きます。

全体の状況を踏まえた上で先に結論的に申し上げれば、どのようなスタイルでも問題なく融資は借入れできるであろうと思います。

その根拠として、もちろん仰るように審査や借り入れ額の問題はあるにせよ、まずは立て替え検討中さまの勤務先が上場企業であり個人属性に問題のない点、そして、建て替えということでは借り入れは建物代金相当額程度であろうという点、最後にお父様もまだ65歳でローン借り入れ可能年齢だという3点が上げられます。

特に立て替え検討中さまが将来的に住宅ローンを借入れという事になっても、既にあるアパートローン・不動産投資ローンが邪魔になるという顕著な影響は出ないと考えます。逆に言えば、影響が出ない金融機関もありますからそちらを選択するまでです。

ただ、記載されている内容からお勧めできるスタイルといえば、そして相続対策まで見据えれば、無難なところでお父様が借入債務者になり求められれば立て替え検討中さまが保証人となる、という選択肢でしょう。

横並びの金融機関でも少しは違いもありますので、多種多様な金融機関でご相談になり、条件闘争すると良いでしょう。

少々時間が経っていますが、参考になれば幸いです

参考URL:http://ameblo.jp/ittoumon/
こちらの内容は、2014/11/19時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?
⇒ 今だから話せる成功者の裏話!

PAGE TOP