入居者に個人契約から法人契約に変更したいと言われましたが・・・|お悩み大家さん

×
←賃貸経営博士
お悩み大家さん トップ > 相続 税金 >相続・税金> 入居者に個人契約から法人契約に変更したいと言われましたが・・・
11/12(日)に新宿で開催!税理士・弁護士に直接相談できる無料相談会!

入居者に個人契約から法人契約に変更したいと言われましたが・・・

解決済み 回答数:6件
line
気になった! 485
現在、個人に貸しているのですが、法人契約にしたいと言われています

契約書を交わしたばかりなのに、後日契約書を作成し、送付捺印、返却を求められました

その際は管理している不動産屋さんを通して断わりました

ただ、次の更新時には法人契約をさせられそうです
法人契約は結びたくないのですが、断れますでしょうか?

法人契約するなら、更新したくないというのは理由になりますでしょうか?
こちらの内容は、2011/09/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
(株)ハウステーション
回答日時:2011/09/27

法人契約を理由に更新を断る事は可能ですね!

ご参考までに・・・
法人契約の事を少し明記させて頂きます。
法人と言ってもさまざまな会社がございま…

続きを読む
【お礼】
詳しくありがとうございます

法人さんの規模ですね
そこまでは調べていなかったので調べてみようかと思います
ただ、前回の契約変更依頼が大変高圧的で、あまりその会社さんとの契約はしたくありません

残念ながら、管理している不動産屋さんも助言とかしてくれないようなので、あまり助けにならないのかも、、
現在は賃貸料の5%を払っていて、何かあった際にはそこに連絡が行くようになっています
転勤で近くにいないものですから、近くの不動産屋さんに頼んだのですが、こちらのサイトのようにいろいろ教えてくれる不動産屋さんに頼みたいものです
個人契約から
こちらの内容は、2011/09/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
ベストアンサー以外の回答
【回答会社】
不動産会社
株式会社オルカホーム
回答日時:2011/09/27

ご参考になれば幸いです。

更新時に法人契約に切り替えを希望されそうだとの事ですが、断ることは可能です。

但し、個人名義での更新であれば、更新する必要があります。

借主には、法人契約に切り替える場合は個人契約を解除し、再度新規契約という扱いになる旨を説明し、コスト的な面から個人契約でいたほうがいいと、説得すべきだと思います。

個人的には、個人契約よりも法人契約のほうが安心ですが…

【お礼】
回答ありがとうございます
断ることが可能と聞いて安心しました

再契約になるんですね
前回の時は契約書を差し替えるので、判を押して返送してと言われ、2通契約書を送付してきました
管理してもらってる不動産屋さんも相手の言われたことをそのまま伝えてきただけでした
法人契約への変更は再契約をした方がいいとも言われませんでした

その時は更新し終わったのにまたひと月かふた月後だったので、相手方の仕方が強引な感じがして、お断りしたのですが、そのまま契約変更しないで良かったです

ありがとうございます
個人契約から
こちらの内容は、2011/09/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
株式会社エスワンプラス
回答日時:2011/09/27

どのようなご事情があって法人契約を避けたいのかはわかりませんが、契約主体が変わるわけですから通常新たに契約を結びなおす必要があります。
つまり、更新ではなく、個人契約を解約して新規に法人と契約することになるので、お断りすることは問題ありません。

ただ、そのことが契約の継続などに影響が出なければいいのですが・・・。

【お礼】
回答ありがとうございます

再契約になるんですね
前回は契約書を変更したいと言われました
言ってきたのは貸主の会社の賃貸契約を担当してる会社から、法人契約に切り替えることになったので、契約書の貸主を変更しますと言われました
契約書もその会社さんが作って送ってきて、来月からは弊社が借りますので宜しくというような感じのもう決めましたと言う感じで、印象が大変悪い感じでした

次回更新がなくても、構わないと思ってますので法人契約はお断りしようかと思います
どうもありがとうございます
個人契約から
こちらの内容は、2011/09/27時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
山京ビル(株)
回答日時:2011/09/28

法人契約への変更拒絶を理由に更新を断る(貸主から解約する)というのは困難ですが、法人契約を断り個人契約を継続させるということは可能です(先方から解約があるかもしれませんが)。
法人契約は全くの別契約です。新たな審査となりますので断ることは可能です。
ただ、現在の契約書に”名義変更”の条文があるかご確認ください。このような条文には名義変更料がかかることと、審査によっては名義変更を断れるような記載があると思います。
審査内容は開示の必要はありませんが、既に入居中ということもありますので、断りの理由をある程度お考えになった方が良好な関係が保てるのではないかと思います。

【お礼】
回答ありがとうございます

断る理由ですね
この前断ったのは急に法人契約変更と言われて、ちょっとびっくりしたというのがあるのですが、法人契約は社宅として使われて例えば入居者が変わったりとかもあるのでは?というのもあります
同じ会社内なら他の人に代わることもあり得るのかなと思ってますが、どうなのでしょうか?
入居者が変わったりは嫌だなというのがあります

またいずれ戻るかもしれないし、売ることも検討しようかと思ってるので、個人の方がいいかなと思っています
こんなのは理由になるのでしょうか?
個人契約から
【コメント】
社宅となれば入居者が勝手に入れ替わっては困るというのはおっしゃるとおりです。
そのため、一般的には入居者は社員に限定し入れ替わる場合は貸主に申入れるべき契約となるはずです。もちろん破れば契約違反となります。
社宅の方が長く入居してもらえる可能性が高いかもしれません。
将来売却をお考えとのことですが、法人契約がマイナスになるということは通常ありません。
法人の信用と上場企業以外でしたら法人の代表者に連帯保証人となってもらい、冒頭に申し上げた入居者の制限を設けることでクリアされます。
山京ビル(株)
【お礼】
法人契約のこと詳しくありがとうございます
そのように出来るんですね
法人契約にする場合は気を付けます

ありがとうございます
個人契約から
こちらの内容は、2011/09/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
谷田工務店(不動産部) / 京都
回答日時:2011/09/28

先方がどういう事情で法人契約に変更したがるかによりますね。
通常、法人契約の方が、消費者との契約ではなくなるので貸主としては
事業者同士契約で賃貸に関わる諸問題は薄くなるメリットがあります。

法人との場合は、契約者が法人で連帯保証人がその社長と居住者というケースが多いですが
この場合、実質は連帯保証人ナシと同じというデメリットがあります。
会社に何かあれば社長もダメですから。

参考URL:http://www.tanida-construction.com/
【お礼】
回答ありがとうございます

もともと貸主の会社が賃貸料を多少補助?していたようです
契約を法人にすると相手の会社側で何かメリットがあるのかなと思ってますが、詳細は分かりません

こちらには確かに法人契約の方が家賃の滞納の可能性が減るような気がしますし、いいような気もするのですが、今までのやりとりで大変印象が悪いので、この法人さんとは契約したいとは思わなくて・・
なんかもう出て行ってもらって、売却したいような気がしてます
個人契約から
こちらの内容は、2011/09/28時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る
【回答会社】
不動産会社
有限会社 ツカサホーム
回答日時:2011/09/29

個人契約を法人に変更することを理由に更新を断る事はできますが、再契約の場合は難しいと思います。
再契約の際は入居者の入れ替え等々、懸念されている内容を契約書の特約や条文で制限するようにしてください。
尚、事前にどんな会社かを調査し、会社の内容によって断る理由になる可能性もあります。

こちらの内容は、2011/09/29時点の情報です。 閲覧者ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用 いただくようお願いいたします。
関連キーワードから質問回答を見る

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

⇒『成功経営者』への近道とは?

PAGE TOP